[事例ニュース]

イオン銀行、生体認証だけで手ぶらで銀行取引できる仕組みを導入

2017年11月27日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

イオン銀行は2017年11月27日、ICカードも暗証番号も使わずに、生体認証だけで銀行取引を行えるサービスを、イオン銀行神田店(東京都)やイオンモール津田沼店(千葉県)など全国5拠点で開始した。今後、導入拠点を順次拡大し、2018年度上期に全店店頭で使えるようにする。

 イオン銀行は今回、ICカードや暗証番号を使わずに、生体認証だけで銀行取引を行えるサービスを開始した。指紋認証と静脈認証を組み合わせた2要素生体認証システムであり、専用端末に指をかざしてから数秒で本人を特定できる。

 イオン銀行ATMや、銀行取引の手続きがペーパーレスで完了できる店頭取引用タブレット端末に導入する。これにより、イオン銀行ATMでの現金お引出しや入金手続き、店頭での住所変更やカード再発行などの手続きを、キャッシュカードや印鑑、本人確認書類などを持ってくることなく「手ぶら」で利用できる。

 システムは、Liquid(リキッド)が開発した。このシステムを導入した専用サーバーを、イオン銀行のデータセンター内に設置した。指紋および静脈情報は、暗号化して復元不可能な状態でシステム上に保存する。

 11月27日に導入した拠点は、以下の5拠点である。イオン銀行神田店(東京都)。イオンモール津田沼店(千葉県)。イオンモールナゴヤドーム前店(愛知県)。イオンモール大高店(愛知県)。イオンモール各務原店(岐阜県)。

関連キーワード

生体認証

関連記事

イオン銀行、生体認証だけで手ぶらで銀行取引できる仕組みを導入 イオン銀行は2017年11月27日、ICカードも暗証番号も使わずに、生体認証だけで銀行取引を行えるサービスを、イオン銀行神田店(東京都)やイオンモール津田沼店(千葉県)など全国5拠点で開始した。今後、導入拠点を順次拡大し、2018年度上期に全店店頭で使えるようにする。

PAGE TOP