開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

カゴヤ・ジャパン、Excel方眼紙をクラウド化する基盤サービス

2017年11月27日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

カゴヤ・ジャパンは2017年11月27日、グレープシティが提供するWebアプリ作成ソフト「Forguncy」(フォーガンシー)で作成したWebアプリをクラウド上で運用できる「Forguncyプラン」を発表、同日提供を開始した。価格(8%消費税込み)は、初期費用が6万4800円、月額費用が10ユーザーごとに5万5296円。

 Forguncyは、Excelに似た操作性でノンプログラミングでWebアプリを作成できる開発ツールである。Excelファイルを読み込んでWebアプリを自動生成するウィザード機能も提供する。画面(データ入力)と帳票(PDF出力)、ワークフロー機能やメール送信機能などを簡単に開発できる。データを格納するデータベース機能も内蔵する。

図1●Forguncyプランの概要。Forguncyで作成したWebアプリをクラウド上で動作させられる(出所:カゴヤ・ジャパン)図1●Forguncyプランの概要。Forguncyで作成したWebアプリをクラウド上で動作させられる(出所:カゴヤ・ジャパン)
拡大画像表示

 Forguncyプランは、Forguncyで作成したWebアプリをカゴヤ・ジャパンのクラウド上で運用できるサービスである。Forguncyの運用ライセンス「Forguncy Serverライセンス」とインフラ(サーバー)を、パッケージ化して提供する。Webアプリの作成には別途、開発ライセンス「Forguncy Builderライセンス」が必要になる。

 サーバーやネットワークなどの機器の運用保守は、カゴヤ・ジャパンの専任技術者が24時間365日体制で実施する。ユーザーはForguncyの運用のみに注力できるようになるという。導入にあたっては、カゴヤ・ジャパンの営業担当がヒアリングした後に、申し込み書を送付する。

 Forguncyの特徴の1つは、ウィザードを使って、既存のExcelファイルからWebアプリを自動生成できることである。Excelファイルの内容を、Webアプリの画面やデータとして取り込む。使い慣れたExcelレイアウトをそのまま活かせるので、現場部門が混乱することなく業務をシステム化できる。

 Excelに似たアプリ開発環境「Forguncy Builder」を提供する。セルの書式設定、数式、Excel関数、データの入力規則、グラフといったExcel機能がそのまま使える。Excelのようにセルのマス目を方眼紙として利用できるので、セルの結合や罫線を使って、紙の伝票のような複雑なレイアウトも自由に再現できる。

関連記事

カゴヤ・ジャパン、Excel方眼紙をクラウド化する基盤サービスカゴヤ・ジャパンは2017年11月27日、グレープシティが提供するWebアプリ作成ソフト「Forguncy」(フォーガンシー)で作成したWebアプリをクラウド上で運用できる「Forguncyプラン」を発表、同日提供を開始した。価格(8%消費税込み)は、初期費用が6万4800円、月額費用が10ユーザーごとに5万5296円。

PAGE TOP