[新製品・サービス]

ライフボートがリモート操作ソフトに新版、iPhone/iPad画面も操作・共有可能に

2017年11月28日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ライフボートは2017年11月28日、遠隔地のパソコン画面をリモートで操作したり、拠点間で同じデスクトップ画面を共有してパソコンの使い方を遠隔サポートしたりできるリモートコントロールソフトの新版「TeamViewer 13」を発表した。2017年12月1日から販売する。価格(税別)は、Business版が7万9000円、Premium版が12万5000円、Corporate版が31万8400円。開発会社は、独TeamViewer。

図1●iOS(iPhone/iPad)の画面を共有できるようになった(出所:ライフボート)図1●iOS(iPhone/iPad)の画面を共有できるようになった(出所:ライフボート)
拡大画像表示

 TeamViewerは、遠隔地のパソコンをリモートから操作できるリモートコントロールソフトである。大きく3つの使い方、すなわち、(1)リモート操作、(2)リモートサポート、(3)オンライン会議、ができる。パソコン間でのファイルの転送や、セッションレコーディング(操作内容の記録)も可能である。

 (1)のリモート操作では、サーバーをリモートで管理したり、自宅のPCからオフィスのPCを操作したりといった使い方が可能。(2)のリモートサポートでは、2者間で画面を共有することで、トラブルに対応したり、パソコンの使い方を指南したりできる。(3)のオンライン会議では、開催者と同じ画面を参加者の画面に表示できる。

 新版では、iOS(iPhone/iPad)の画面を共有できるようにした。iPhone/iPadを遠隔でサポートできるようになった。これにより、利用できるプラットフォームは、Windows、Mac OS、Linux、iOS、Androidになった。また、GPUを使っている場合に、GPUで描画処理を高速化できるようにした。

関連記事

ライフボートがリモート操作ソフトに新版、iPhone/iPad画面も操作・共有可能に ライフボートは2017年11月28日、遠隔地のパソコン画面をリモートで操作したり、拠点間で同じデスクトップ画面を共有してパソコンの使い方を遠隔サポートしたりできるリモートコントロールソフトの新版「TeamViewer 13」を発表した。2017年12月1日から販売する。価格(税別)は、Business版が7万9000円、Premium版が12万5000円、Corporate版が31万8400円。開発会社は、独TeamViewer。

PAGE TOP