[新製品・サービス]

横浜銀行が900業務を棚卸して住宅ローン業務などにRPAを適用、日本IBMが導入

2017年11月30日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日本IBMは2017年11月30日、横浜銀行に対してRPA(ロボットによる業務自動化)を導入したと発表した。横浜銀行は第1弾として、11月1日から住宅ローン業務や事務センター業務などでRPAを利用している。今後、順次対象業務を拡大する。

 日本IBMは、対象業務の棚卸と選定、技術検証、ロボットの開発などを担当した。日本IBMによれば、RPAで重要なポイントは、業務の棚卸を広く行うことである。棚卸によって全体最適を検討することによって、最小の投資で最大の効果が得られるようになる。

 横浜銀行は、日本IBMの支援の下、本部全体で約900業務の棚卸を行った。この中から大きな効果が見込まれる業務を選定した。第1弾として、住宅ローン業務、事務センター業務、インターネットバンキングのモニタリング業務などを自動化した。

 今後、第2弾以降として順次、対象業務を拡大する。さらに、業務のプロセス全体で自動化できる範囲を大きくし、類似業務がある場合にはロボットの共通化を図る。

関連キーワード

RPA

関連記事

横浜銀行が900業務を棚卸して住宅ローン業務などにRPAを適用、日本IBMが導入日本IBMは2017年11月30日、横浜銀行に対してRPA(ロボットによる業務自動化)を導入したと発表した。横浜銀行は第1弾として、11月1日から住宅ローン業務や事務センター業務などでRPAを利用している。今後、順次対象業務を拡大する。

PAGE TOP