[新製品・サービス]

Azure上でOSSを活用したSIサービスを提供―オープンストリーム

2017年12月7日(木)IT Leaders編集部

豆蔵ホールディングスの事業会社であるオープンストリームは2017年12月6日、Microsoft Azure環境を利用してオープンソース(OSS)を活用したSI(システム構築)サービスを提供すると発表した。

 Azure上でOSSを活用したSIサービスを提供する。OSSとして、米Red HatのLinux OS「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)や、米Red Hatのコンテナアプリケーション基盤「Red Hat OpenShift Container Platform」(OpenShift)などを活用する。

 背景の1つとして、日本マイクロソフトとレッドハットは、Azureを基盤としたOSSの導入を促進するパートナプログラム「Red Hat on Azure Partner Network」を始めている。オープンストリームも同プログラムに参加しているため、マイクロソフトとレッドハット双方から直に技術トレーニングや支援情報を受けられるという。

 オープンストリームはこれまで、JavaやPHPなどを用いたWebシステムの構築や、Apache Sparkなどを利用したデータ基盤システムの構築を手掛けてきたという。さらに、主にB2Cサービスを構築する用途で、仮想化技術を用いたDevOps環境を提供してきたという。

 OSSを活用するメリットについてオープンストリームは、「単なるコストダウンではなく、最新の技術をシステムに適用できること」と説明する。最新の技術を取り入れることで、これまで実現が難しかったシステムを構築できるほか、競争力を高める仕組みを作り出せるとしている。

関連記事

Azure上でOSSを活用したSIサービスを提供―オープンストリーム 豆蔵ホールディングスの事業会社であるオープンストリームは2017年12月6日、Microsoft Azure環境を利用してオープンソース(OSS)を活用したSI(システム構築)サービスを提供すると発表した。

PAGE TOP