[事例ニュース]

銀行口座と連動したスマホ決済、NTTデータが西日本シティ銀行と実証実験

2017年12月18日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTTデータは2017年12月18日、西日本シティ銀行(NCB)および福岡地所と共同で、スマホアプリと銀行口座を連動させたスマホ決済サービスの実証実験を開始すると発表した。あらかじめスマホ決済アプリに銀行口座情報を登録しておくことで、銀行口座から直接決済が可能となる。2018年2月26から実験を開始する。

 今回実証実験を始めるスマホ決済サービスは、クレジットカードを持っていなくても、銀行口座さえ持っていれば、スマホによる決済手続きによって銀行口座から直接決済できるサービスである。NTTデータは、2018年度上期をめどに、あらゆる加盟店、金融機関向けに、銀行口座と連動したスマホ決済サービスの提供を目指す。

図1●銀行口座と連動したスマホ決済サービスの概要(出所:NTTデータ)図1●銀行口座と連動したスマホ決済サービスの概要(出所:NTTデータ)
拡大画像表示

 背景には、現在提供されているスマートフォンを使った決済サービスの多くが、クレジットカードをベースにしたものや、いったんバーチャル口座にチャージをして利用するものが大半となっているという状況がある。銀行口座から直接資金を移動させる決済サービス(銀行口座決済)は、需要があるものの少数である。

 今回の実証実験では、福岡地所が運営する「キャナルシティ博多」の一部テナントにて、NCB提供の「西日本シティ銀行アプリ」利用者を対象に、スマホ決済によるショッピングができるようにする。実験を通じて、一般消費者のニーズや消費行動などを把握し、本サービスの商用展開に向けた検証を行う。

関連記事

Special

-PR-

銀行口座と連動したスマホ決済、NTTデータが西日本シティ銀行と実証実験 NTTデータは2017年12月18日、西日本シティ銀行(NCB)および福岡地所と共同で、スマホアプリと銀行口座を連動させたスマホ決済サービスの実証実験を開始すると発表した。あらかじめスマホ決済アプリに銀行口座情報を登録しておくことで、銀行口座から直接決済が可能となる。2018年2月26から実験を開始する。

PAGE TOP