[新製品・サービス]

SMS送信サービスがIoTデバイス(020番号)にも送信可能に、NTTコムオンライン

2017年12月19日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTTコムオンライン・マーケティング・ソリューション(NTTコムオンライン)は2017年12月19日、SMS(ショートメッセージサービス)送信サービス「空電プッシュ」を機能強化し、同日付でIoT/M2M専用の電話番号「020番号」あてにSMSを送信できるようにした。

 空電プッシュは、Web APIやWeb画面を介してSMSを送信できるSaaS型サービスである。送信先の携帯電話番号を指定して一斉メッセージを送信できる。付加機能として、SIMが着信可能か圏外かの結果を取得できる着信結果確認機能や、携帯キャリアの自動判定機能などを提供する。

 国内主要3キャリアと直収接続している。送信先のキャリアが混在している場合でも、問題なく利用できる。今回新たに、IoT/M2M向けに登場した020番号に対してもSMSを送信できるようにした。

 SMSの特徴は、同じ電話番号を使い続ける人が多いほか、SMSメッセージが届く機会が少ないことなどから、到達率と開封率が高いことである。開封率は100%に近いという。「郵送、メール、電話で顧客と連絡を取ろうとしているが、なかなか連絡が取れない」ケースなどに向く。

 空電プッシュの価格(税別)は、初期費用が10万円、月額基本料が5万円、通信料がSMS×1通あたり18円。

関連記事

Special

-PR-

SMS送信サービスがIoTデバイス(020番号)にも送信可能に、NTTコムオンライン NTTコムオンライン・マーケティング・ソリューション(NTTコムオンライン)は2017年12月19日、SMS(ショートメッセージサービス)送信サービス「空電プッシュ」を機能強化し、同日付でIoT/M2M専用の電話番号「020番号」あてにSMSを送信できるようにした。

PAGE TOP