[新製品・サービス]

NEC、商用MySQLに独自の日本語サポートを無償で追加

2017年12月22日(金)IT Leaders編集部

NECは2017年12月21日、米Oracleの技術サポートが付いた商用版のMySQL製品について、NECが販売するものについてはNECによるサポートを強化すると発表した。日本オラクルが設定しているMySQL製品の標準価格のままで、NEC独自の24時間365日の日本語技術相談対応をセットにして提供する。新たに、「Oracle MySQL(技術相談セット)」の名称で、2018年1月から販売する。

 Oracle MySQL(技術相談セット)は、オープンソースのRDBMS(リレーショナルデータベース管理システム)で、米Oracleが技術サポートを提供する商用版のMySQL製品である。最大の特徴は、NECによる独自の24時間365日の日本語技術相談対応が無償で付いてくることである。

 新たに、商用版MySQL製品をNECから購入すると、NEC独自のサポートを受けられるようになった。NECは従来もMySQL製品を販売していたが、これまでは独自のサポートを付けていなかった。今回、MySQLの標準価格のままで、純粋にサポートを上乗せした形になる。

 NEC独自のサポートでは、MySQLに精通したNECの技術者が、ユーザー企業とオラクルサポート窓口の間に立つ。こうして、設定、操作、トラブル時の対処といった技術相談に、24時間365日いつでも日本語で対応する。

 さらに、ユーザー企業ごとに専用のサポートWebサイトを用意する。Webサイトのコンテンツやメールを使って、MySQLに関する最新情報の提供を行う。これにより、ユーザー企業が安心してMySQLを活用できるように支援する。

 独自サポート付きのMySQL製品「Oracle MySQL(技術相談セット)」の販売価格(税別)は、CPUソケット数、契約年間(1年、2年、3年)、プラン(Standard、Enterprise、Cluster)などで変わる。

 CPUソケット数が1~4、1年契約の場合、Standardプランの「Oracle MySQL Standard 1-4ソケット 1年 (技術相談セット)」が年額24万円、Enterpriseプランの「Oracle MySQL Enterprise 1-4ソケット 1年 (技術相談セット)」が年額60万円、Clusterプランの「Oracle MySQL Cluster 1-4ソケット 1年 (技術相談セット)」が年額120万円。

 2018年上期には、NECのクラウド基盤サービス「NEC Cloud IaaS」に商用版MySQL製品を導入するための設定ガイドや、NEC Cloud IaaS上での運用を簡便化するための設定ガイドを提供する予定である。

関連記事

Special

-PR-

NEC、商用MySQLに独自の日本語サポートを無償で追加 NECは2017年12月21日、米Oracleの技術サポートが付いた商用版のMySQL製品について、NECが販売するものについてはNECによるサポートを強化すると発表した。日本オラクルが設定しているMySQL製品の標準価格のままで、NEC独自の24時間365日の日本語技術相談対応をセットにして提供する。新たに、「Oracle MySQL(技術相談セット)」の名称で、2018年1月から販売する。

PAGE TOP