[事例ニュース]

自動運転に必要なダイナミック地図の実証実験―KDDI、ゼンリン、富士通

2017年12月27日(水)IT Leaders編集部

KDDI、ゼンリン、富士通の3社は2017年12月26日、道路の構造物や渋滞情報など、完全自動運転に必要な情報を備えたマップ情報「ダイナミックマップ」を生成して自動車に配信する実証実験を開始すると発表した。2018年1月から実験を開始する。

 ダイナミックマップは、車の自動運転や運転支援システムに必要な高精度の3次元情報を持つ、デジタル地図である。静的な地図情報に加えて、工事や事故、渋滞といった更新頻度の高い動的情報を、時間変化の度合い別に複数層に分けて管理し、これらを連携させて自車の周辺状況を含んだ地図情報をリアルタイムに生成する。国内では、内閣府主導で官民が連携し、ダイナミックマップの構築に取り組んでいる。

 自動運転車の安全な走行を実現するには、自車位置把握のための様々な道路構造物情報の正確な把握と、気象情報や事故・渋滞情報などの動的情報を取得して組み合わせるダイナミックマップの生成が必要になる。このダイナミックマップには、自車の走行経路を認識しながら遠方の道路状況をリアルタイムにフィードバックするシステムの構築が欠かせない。

 KDDI、ゼンリン、富士通の3社は、ダイナミックマップの生成に必要なデータ収集、データ分析・加工、データ配信技術の実証を行う。データ収集、生成、配信のための基盤を構築し、動的情報と道路構造物の高精度地図とを連携させてデータ生成する処理性能や、配信に要する時間などを検証する。

関連記事

Special

-PR-

自動運転に必要なダイナミック地図の実証実験―KDDI、ゼンリン、富士通 KDDI、ゼンリン、富士通の3社は2017年12月26日、道路の構造物や渋滞情報など、完全自動運転に必要な情報を備えたマップ情報「ダイナミックマップ」を生成して自動車に配信する実証実験を開始すると発表した。2018年1月から実験を開始する。

PAGE TOP