[事例ニュース]

京都中央信用金庫、RPAの実証実験で有効性を検証

2017年12月28日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

京都中央信用金庫は2017年12月28日、NECとともに、RPA(ロボットによる業務自動化)で職員の業務を効率化する実証実験を実施したと発表した。職員の生産性向上や人為的ミスの防止など、業務支援としての有効性を検証した。実験期間は2017年10月から12月で、2018年4月以降の実利用を目指す。

 実証実験では、RPAソフトとしてNECの「NEC Software Robot Solution」を導入した。これまでマウスやキーボードを使って人手で行っていたマーケットリスク管理日報作成業務を対象に、パソコン画面上の操作を登録して自動化した。

 実証実験では、職員の生産性向上や人為的ミスの防止など、業務支援としての有効性を検証した。京都中央信用金庫では、実証実験を踏まえたRPAの導入によって本部業務を見直し、人材の有効活用と再配置を進めていく。

 なお、今回導入したRPAソフトのNEC Software Robot Solutionは、パソコン画面上で行うマウスやキーボードの操作を登録して自動化できるRPAソフトである。既存の作業プロセスやシステムを大きく変更することなく導入できる。NECグループ内で発注管理や工数管理などの業務に適用した結果、年間で約7割の工数を削減できたとしている。

関連キーワード

RPA

関連記事

京都中央信用金庫、RPAの実証実験で有効性を検証 京都中央信用金庫は2017年12月28日、NECとともに、RPA(ロボットによる業務自動化)で職員の業務を効率化する実証実験を実施したと発表した。職員の生産性向上や人為的ミスの防止など、業務支援としての有効性を検証した。実験期間は2017年10月から12月で、2018年4月以降の実利用を目指す。

PAGE TOP