[新製品・サービス]

クラウディアン、S3互換ストレージにNASヘッドを追加、ファイルアクセス可能に

2018年1月11日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

Amazon S3互換のオブジェクトストレージソフト「CLOUDIAN HYPERSTORE」を手掛けるクラウディアンは2018年1月11日、CLOUDIAN HYPERSTOREと組み合わせて使うNASヘッド製品「CLOUDIAN HyperFile」を発表、同日提供を開始した。S3互換ストレージ上のデータに対してNFSやCIFS/SMBなどでファイルアクセスできるようになる。開発会社は、米Cloudian。

 前提となるCLOUDIAN HYPERSTOREは、Amazon S3互換のオブジェクトストレージソフトである。オンプレミス環境や任意のクラウド環境にインストールすることで、Amazon S3互換APIでデータにアクセス可能なストレージを構築できる。汎用PCサーバー3台の最小構成からスモールスタート可能で、数ペタバイトを超える規模まで容易に容量を拡張できる。

図1●CLOUDIAN HyperFileの概要(出所:クラウディアン)図1●CLOUDIAN HyperFileの概要(出所:クラウディアン)
拡大画像表示

 今回新たに用意したCLOUDIAN HyperFileは、S3互換オブジェクトストレージであるCLOUDIAN HYPERSTOREに対してNAS(ファイル)アクセスできるようにするNASヘッド製品である。仮想アプライアンスまたは物理アプライアンスの形態で提供する。ファイルアクセスプロトコルとして、NFS、CIFS/SMB、FTPを利用できる。

 アクセスを高速化するため、ローカルキャッシュ機能も備えている。例えば、読み出し時にファイルがキャッシュ上にあった場合は、バックエンドのオブジェクトストレージからオブジェクトを転送することなく、キャッシュ上のファイルデータをクライアントに返す。物理アプライアンスでは、キャッシュ用のドライブを最初から搭載している。

 HyperFileを経由することでファイルアクセスが可能になるが、これと同時に、HyperFileを経由せずにS3互換APIを介してCLOUDIAN HYPERSTOREにアクセスできる。これら2つのアクセス手段を両立させて混在させて使うことができる。

図2●CLOUDIAN HyperFileの物理アプライアンスの外観(出所:クラウディアン)図2●CLOUDIAN HyperFileの物理アプライアンスの外観(出所:クラウディアン)
拡大画像表示
関連記事

クラウディアン、S3互換ストレージにNASヘッドを追加、ファイルアクセス可能に Amazon S3互換のオブジェクトストレージソフト「CLOUDIAN HYPERSTORE」を手掛けるクラウディアンは2018年1月11日、CLOUDIAN HYPERSTOREと組み合わせて使うNASヘッド製品「CLOUDIAN HyperFile」を発表、同日提供を開始した。S3互換ストレージ上のデータに対してNFSやCIFS/SMBなどでファイルアクセスできるようになる。開発会社は、米Cloudian。

PAGE TOP