[事例ニュース]

商業ビルのカメラ映像から困っている人を深層学習で検知する実証実験、ALSOKが新丸ビルで開始

2018年1月12日(金)IT Leaders編集部

三菱地所と綜合警備保障(ALSOK)は2018年1月12日、ディープラーニングによるカメラ画像・映像の認識によって、街なかで「困っている人」の動きを検知する実証実験を開始すると発表した。

 三菱地所の新丸の内ビルディング(新丸ビル)の地下1階で、2018年1月22日(月)から2018年1月31日(水)まで実験する。

図1●カメラ画像・映像から深層学習で「困っている人」を検知する実証実験の概要(PKSHA Technology、三菱地所、綜合警備保障)図1●カメラ画像・映像から深層学習で「困っている人」を検知する実証実験の概要(PKSHA Technology、三菱地所、綜合警備保障)
拡大画像表示

 ALSOKは、新丸ビル内に設置したカメラで、往来する人の様子を解析する。AIが画像・映像認識によって「困っている」人を検知すると、その旨を警備員あてにメールで通知する。警備員は内容を確認し、検知した場所に駆けつけるなど適切な対応をとる。

 同システムによって、施設利用者へのサービス向上だけでなく、エリアのセキュリティ向上、各種事故の防止などの効果が期待できるとしている。従来は、パトロール要員の目視によって行っていた「見回り」を、AIによる分析で補助できるようになるので、よりきめ細やかな状況把握が可能になる。

 画像/映像認識エンジンには、PKSHA Technologyの「Vertical Vision」を使う。PKSHA Technologyは、今回の実験に協力している。

関連キーワード

ディープラーニング / 深層学習

関連記事

Special

-PR-

商業ビルのカメラ映像から困っている人を深層学習で検知する実証実験、ALSOKが新丸ビルで開始 三菱地所と綜合警備保障(ALSOK)は2018年1月12日、ディープラーニングによるカメラ画像・映像の認識によって、街なかで「困っている人」の動きを検知する実証実験を開始すると発表した。

PAGE TOP