[事例ニュース]

日立が国内1000拠点にSD-WANを導入、NTT Comが発表

2018年1月18日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2018年1月18日、日立製作所の国内1000拠点に対して、SD-WANサービスを導入すると発表した。1月22日から順次導入する。SD-WANサービスには、NTTPCコミュニケーションズの「Master's ONE CloudWAN」を採用した。

図1●日立製作所によるSD-WANの導入イメージ(出所:NTTコミュニケーションズ)図1●日立製作所によるSD-WANの導入イメージ(出所:NTTコミュニケーションズ)
拡大画像表示

 日立製作所の国内1000拠点にSD-WAN製品を導入する。メリットの1つは、拠点のネットワーク設定をリモートで簡単に変更できることである。1000拠点のネットワーク構成やルーターの設定変更を、数十秒から5分程度で完了できるという。拠点の増減に合わせて対応できる。

 SD-WANではまた、拠点ルーターの設定によって、SaaS型クラウドサービスのようなインターネット向けのアクセスを、本部のデータセンターを介さずに、拠点から直接インターネットに出ていくようにする。これにより、社内ネットワークの通信帯域を圧迫せずに済む。

 SD-WAN製品のセグメンテーション機能を利用することで、システムやグループ会社単位にネットワークを分割する。これにより、例えばグループ会社にサイバー攻撃が起こった場合でも、影響範囲を社内ネットワーク全体に波及させることなく、最小限に抑えられる。

 なお、今回採用したSD-WAN製品のMaster's ONE CloudWANは、拠点のエッジルーターの設定をクラウド上の制御ソフトからリモートで変更できるSD-WAN型のネットワークサービスである。クラウド上で論理的なネットワークを設計するだけで、本社や拠点間をつないだネットワークを構築できる。制御ソフトは、Webブラウザ画面またはWeb APIを介して操作する。エッジルーターは初期設定も不要で、拠点に郵送してWAN回線につなぐだけで使い始められる。

関連キーワード

SD-WAN

関連記事

日立が国内1000拠点にSD-WANを導入、NTT Comが発表 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2018年1月18日、日立製作所の国内1000拠点に対して、SD-WANサービスを導入すると発表した。1月22日から順次導入する。SD-WANサービスには、NTTPCコミュニケーションズの「Master's ONE CloudWAN」を採用した。

PAGE TOP