[新製品・サービス]

小型AIロボットとIBM Watsonを連携―エス・アンド・アイ

2018年1月31日(水)IT Leaders編集部

エス・アンド・アイは2018年1月30日、手のひらサイズのAIロボット「ZUKKU」と、質問応答システム「IBM Watson」を組み合わせ、製品説明などを自然な会話によって自動応対できるようにしたサービスを発表した。2018年2月から提供する。

 Watson Conversationを採用し、利用者の日常的な話し言葉での問いかけに対して、小型ロボットを通じた音声による対話形式での回答、および画面による視覚情報提供を可能にする。社内外のサービスカウンターや受付窓口、KIOSK端末としてなど、様々な場面で利便性の高い自動応対を提供する。

 手のひらサイズのAIロボットであるZUKKUは、ハタプロ・ロボティクスが提供する。高さ10cmで、特別な設定が不要なため、場所を問わず簡単に設置できる。性別や年齢、表情などを認識し、相手や時間帯に適した情報や広告を多言語で配信できる。

 エス・アンド・アイは、ZUKKUとWatson Conversation API、学習データを、利用用途に応じたシステム構築サービスとともに提供する。利用者の意図や問い合わせ内容の文脈を正確に理解したうえで、業務に最適化した回答や情報提供が可能になる。

関連記事

小型AIロボットとIBM Watsonを連携―エス・アンド・アイ エス・アンド・アイは2018年1月30日、手のひらサイズのAIロボット「ZUKKU」と、質問応答システム「IBM Watson」を組み合わせ、製品説明などを自然な会話によって自動応対できるようにしたサービスを発表した。2018年2月から提供する。

PAGE TOP