[新製品・サービス]

Excel業務を自動化するソフト―デジタル・インフォメーション・テクノロジー

2018年2月7日(水)IT Leaders編集部

デジタル・インフォメーション・テクノロジーは2018年2月6日、Excelを用いた業務作業をコンピュータから制御できるようにしたソフト「xoBot」(ゾボット)を発表した。処理の自動化を図ることができる。2018年2月15日から提供する。ライセンスは年額制で、価格はオープン。

 xoBotは、Excelを用いた業務作業を効率化するソフトである。プログラミングをすることなく、Excelファイルからデータを抽出して集計、分類、比較するといった、Excelファイルに対するデータ処理を機械化できる。

 CSVファイルやXMLファイルを扱ったり、データベースにアクセスしたり、Webサービスを呼び出したりすることもできる。

 スケジューラや外部のRPA(ロボットによる業務自動化)ソフトなどから制御することによって、Excel業務処理を自動化できる。

 製品のラインアップは、クライアントPC向けの「xoBot Solo」と、サーバー向けの「xoBot corabo」の2つ(サーバー向けの提供開始日は2018年8月)。

関連記事

Excel業務を自動化するソフト―デジタル・インフォメーション・テクノロジーデジタル・インフォメーション・テクノロジーは2018年2月6日、Excelを用いた業務作業をコンピュータから制御できるようにしたソフト「xoBot」(ゾボット)を発表した。処理の自動化を図ることができる。2018年2月15日から提供する。ライセンスは年額制で、価格はオープン。

PAGE TOP