開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

ERモデリングツール新版「SI Object Browser ER 18」、Oracle Cloud移行に対応

2018年2月8日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

システムインテグレータは2018年2月8日、ER(エンティティリレーションシップ)図によってデータをモデリングできるソフト「SI Object Browser ER」の新版「SI Object Browser ER 18」および「SI Object Browser ER 18 Viewer」を発表した。2018年2月22日から販売する。新版では、「Oracle Database 12c R2」および「Oracle Database Cloud Service」で利用できるようにした。販売目標は3年間で約1.5億円。

画面1●SI Object Browser ERの画面(出所:システムインテグレータ)画面1●SI Object Browser ERの画面(出所:システムインテグレータ)
拡大画像表示

 SI Object Browserシリーズは、データベースの設計や開発・運用を支援するソフトである。全5製品で構成し、看板製品は2つある。データベースの作成や操作をGUI経由で実施できる「SI Object Browser」と、ER図を用いたデータベース設計を支援する「SI Object Browser ER」である。

 今回、ER図を用いたデータベース設計を支援する「SI Object Browser ER」をバージョンアップし、「Oracle Database 12c R2」および「Oracle Database Cloud Service」で利用できるようにした。これにより、オンプレミスのシステムをOracle Database Cloud Serviceに移行するためのツールとしても利用できるようになった。

 なお、今回のSI Object Browser ER新版に合わせて、SI Object Browserシリーズのバージョン番号をリリース年へと一新した。

 SI Object Browser ERの価格(税別)は、以下の通り。クライアントライセンスは、1クライアントでダウンロード版が11万5000円。保守料が2年間で4万7400円。クラウドサービス上の仮想環境で動作させる仮想ユーザーライセンスは、5ライゼンスで15万円(6カ月間)。

 機能を参照に限定して編集や更新の機能を省いたSI Object Browser ER Viewerの価格(税別)は、1クライアントでダウンロード版が3万3900円。保守料が2年間で1万4000円。

関連記事

ERモデリングツール新版「SI Object Browser ER 18」、Oracle Cloud移行に対応システムインテグレータは2018年2月8日、ER(エンティティリレーションシップ)図によってデータをモデリングできるソフト「SI Object Browser ER」の新版「SI Object Browser ER 18」および「SI Object Browser ER 18 Viewer」を発表した。2018年2月22日から販売する。新版では、「Oracle Database 12c R2」および「Oracle Database Cloud Service」で利用できるようにした。販売目標は3年間で約1.5億円。

PAGE TOP