[新製品・サービス]

社員証などに貼りつける透明なRFIDタグ、日本エレクトロニクスサービスが販売

2018年2月8日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

RFID関連事業を手がける日本エレクトロニクスサービスは2018年2月8日、社員証などのカードに貼ることができる透明なRFIDタグを発表した。2018年2月15日から販売する。価格は要問い合わせ。

写真1●RFID透明タグを貼り付けたカードの例(出所:日本エレクトロニクスサービス)写真1●RFID透明タグを貼り付けたカードの例(出所:日本エレクトロニクスサービス)
拡大画像表示

 同社は、車両のフロントガラスに貼り付けられる透明なUHF帯RFIDタグを販売している。今回、この技術を応用し、社員証などのカードに貼ることができるRFID透明タグを製品化した。

 この透明タグは、0.5ミリメートル幅以下の細線だけでアンテナを構成している。このため、既存の社員証などに貼り付けても目立たない。カードに貼り付けた状態で3メートル以上の認証距離があるため、車両の入退場、シャッターやドアの開閉、災害時における点呼、などに利用できる。

RFID透明タグの主な特徴
RFID規格 EPCglobal Class 1 Gen 2
対応周波数 840-960 MHz
搭載チップ Alien Higgs-3
メモリー容量 EPC Size 96 Bits / ユーザー 512 Bits
材質 基材 PET / 導体 アルミ / 粘着面 シリコーン粘着剤
外形寸法 幅85×高さ23×厚さ0.15ミリメートル(チップ部 0.35ミリメートル)
動作温度/湿度 摂氏マイナス40~70度 / 20~90%(結露なきこと)
読取距離 3メートル以上(FeliCa Standardカードの指定位置に貼付けた場合)
その他 FeliCa Standardカードの通信性能への影響は、FeliCaカード性能検定に準ずる社内試験にて問題ないことを確認済み
関連記事

Special

-PR-

社員証などに貼りつける透明なRFIDタグ、日本エレクトロニクスサービスが販売RFID関連事業を手がける日本エレクトロニクスサービスは2018年2月8日、社員証などのカードに貼ることができる透明なRFIDタグを発表した。2018年2月15日から販売する。価格は要問い合わせ。

PAGE TOP