[新製品・サービス]

米Fortinet、100Gbps超の次世代ファイアウォールを2018Q1に出荷

2018年2月13日(火)IT Leaders編集部

フォーティネットジャパンは2018年2月9日、次世代ファイアウォールの新機種「FortiGate 6000F」シリーズを発表した。2018年第1四半期末までに出荷する。下位モデル「FortiGate 6300F」と上位モデル「FortiGate 6500F」の2モデルで構成する。上位モデルの次世代ファイアウォールスループットは140Gビット/秒になる。

 ラックマウント型のシャーシに内部処理カードを増設する、モジュール型のハードウェアアーキテクチャを採用した。1つのきょう体(3Uラックマウント)に最大で10枚の処理カードを搭載できる。モジュール型の設計により、コンパクトなきょう体でありながら、処理カード間で処理負荷を分散させて性能を拡張できる。

 FortiGate 6300FとFortiGate 6500Fの性能値は以下の通り。FortiGate 6300Fは、次世代ファイアウォールのスループットが80Gビット/秒、SSL検閲が70Gビット/秒、UTM(統合脅威管理)が60Gビット/秒。FortiGate 6500Fは、次世代ファイアウォールのスループットが140Gビット/秒、SSL検閲が130Gビット/秒、UTM(統合脅威管理)が100Gビット/秒。

関連記事

米Fortinet、100Gbps超の次世代ファイアウォールを2018Q1に出荷フォーティネットジャパンは2018年2月9日、次世代ファイアウォールの新機種「FortiGate 6000F」シリーズを発表した。2018年第1四半期末までに出荷する。下位モデル「FortiGate 6300F」と上位モデル「FortiGate 6500F」の2モデルで構成する。上位モデルの次世代ファイアウォールスループットは140Gビット/秒になる。

PAGE TOP