[新製品・サービス]

NEC、マルチベンダー環境のネットワーク設定を自動化するSIサービスを開始

2018年2月20日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NECは2018年2月19日、マルチベンダーのネットワーク機器で構成するネットワーク基盤を自動で構成できることを目指すオープンソースのコミュニティ「The OpenMSA Community」(http://www.openmsa.co)に参画し、ネットワークを自動で構成できる基盤を構築するSIサービスを開始すると発表した。

 NECはユーザー企業に対して、ネットワーク仮想化のオーケストレーションを行うためのシステムを構築する。オーケストレーション機能を組み込んだネットワーク構成管理ソフトを使って、ルーター、ファイアウォール、負荷分散装置など、複数のネットワーク機器で構成するネットワークシステムの設定を自動化できるようにする。

 ネットワークの設計や構築にかかる負担を軽減できることから、事業やサービスの開発に専念できるようになる、としている。

 今回NECが参画したコミュニティのThe OpenMSA Communityは、アイルランドのUBiqubeが立ち上げた、オープンソースのコミュニティである。マルチベンダーのネットワーク機器によるオーケストレーション環境をオープンソースで実現することを目指している。OpenMSA準拠の機器を制御可能なオーケストレーションソフトを開発するための開発モジュールなどを提供している。

 背景には、オーケストレーションソフトから使えるネットワーク機器の選択肢が限られる、という課題がある。ネットワーク製品ベンダーが提供するオーケストレーションソフトの場合、自社のネットワーク機器への対応が優先される傾向がある。一方、独立系ソフトウェアベンダーが提供するオーケストレーションソフトは、多種多様なネットワーク機器への対応に多大な労力を要する、という状況がある。

 NECは、コミュニティに対する貢献として、NECのSDNコントローラを制御するためのアダプタをオープンソース化して提供した。これにより、OpenMSAの仕組みを用いたオーケストレーションソフトからNECのSDNコントローラーを制御し、設定を変更できるようになった。今後は、NECのパートナ企業であるネットワーク機器ベンダーに対しても、アダプタのコミュニティへの提供を働きかけていく。

関連記事

NEC、マルチベンダー環境のネットワーク設定を自動化するSIサービスを開始NECは2018年2月19日、マルチベンダーのネットワーク機器で構成するネットワーク基盤を自動で構成できることを目指すオープンソースのコミュニティ「The OpenMSA Community」(http://www.openmsa.co)に参画し、ネットワークを自動で構成できる基盤を構築するSIサービスを開始すると発表した。

PAGE TOP