[新製品・サービス]

レッドハットがBRMSの次期版、業務部門による業務ロジックの書き換えを容易に

2018年3月1日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

レッドハットは2018年3月1日、米Red Hatが2018年2月21日(現地時間)に発表した発表資料の抄訳を公開し、JBoss BRMSの後継ソフト「Red Hat Decision Manager 7」を発表した。Decision Manager 7では、業務部門のユーザーが業務ロジックを簡単に書き換えられるようにするツール群を用意したという。

 Red Hat Decision Manager 7は、「if-then」(もし~なら~する)という業務上のルール(業務ロジック)を定義しておき、業務ロジックに基付いた業務判断を自動的に実行する、BRMS(ビジネスルール管理システム)ソフトである。

 BRMSを導入するメリットは、本来であれば業務アプリケーションに組み込んでおかなければならなかった業務ロジックを、外部に外出しできることである。業務ロジックだけを独立してメンテナンスできるので、業務ロジックを変更する際に、アプリケーションを改修しなくて済む。環境変化に強いシステムを実現できる。

 Decision Manager 7では、従来版(JBoss BRMS)と比べて、使い勝手を高めたとしている。例えば、現場の業務ユーザーが業務ロジックを簡単に変更できるように、ツール群を用意した。IT部門が関わることなく、BRMSへの業務ロジックの登録や変更などができる。

関連キーワード

BRMS

関連記事

レッドハットがBRMSの次期版、業務部門による業務ロジックの書き換えを容易にレッドハットは2018年3月1日、米Red Hatが2018年2月21日(現地時間)に発表した発表資料の抄訳を公開し、JBoss BRMSの後継ソフト「Red Hat Decision Manager 7」を発表した。Decision Manager 7では、業務部門のユーザーが業務ロジックを簡単に書き換えられるようにするツール群を用意したという。

PAGE TOP