[事例ニュース]

大分銀行がRPAで年間6019時間の削減狙う、SIベンダーのCTCが発表

2018年3月2日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2018年3月2日、大分銀行からRPA(ロボットによる業務自動化)システムの開発を受注したと発表した。2018年度上期に13業務にRPAを適用し、年間で最大6019時間を削減する狙い。定型業務の効率化により、顧客へのサービスの強化を図る。

 大分銀行は2017年10月から、自動化できる定型業務の洗い出しを進めている。報告書の作成や集計業務を含め、92項目を特定した。

 すでに、融資に関する月次報告資料の作成業務を自動化した。これにより、年間80時間以上の削減効果を見込んでいる。

 順次、個々の業務にRPAを適用できるかどうかを検証している。2018年度上期には、ローン実績や各種資料の作成、支店の営業報告集計などを含め、13種類の業務にRPAを適用する。

 CTCはSIベンダーとして、RPAのシナリオ設計からRPAソフトの導入、開発、検証作業、効果の測定などを担っている。

関連キーワード

RPA

関連記事

大分銀行がRPAで年間6019時間の削減狙う、SIベンダーのCTCが発表伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2018年3月2日、大分銀行からRPA(ロボットによる業務自動化)システムの開発を受注したと発表した。2018年度上期に13業務にRPAを適用し、年間で最大6019時間を削減する狙い。定型業務の効率化により、顧客へのサービスの強化を図る。

PAGE TOP