[新製品・サービス]

キヤノンITSがOracle互換DB「Tibero」を販売、日本ティーマックスソフトが発表

2018年3月6日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日本ティーマックスソフトは2018年3月5日、Oracle Database互換をうたうRDBMS(リレーショナルデータベース管理システム)ソフト「Tibero RDBMS」の販売代理店を増やし、新たにキヤノンITソリューションズが23社めの販売代理店になったと発表した。同日付でキヤノンITソリューションズを介してTibero RDBMSを購入できるようになったとしている。開発会社は、韓国のTmaxSoft。

 Tibero RDBMSは、Oracle Databaseとの互換性の高さをうたうRDBMSである。既存のアプリケーション資産を、プログラムを変更することなくOracle DatabaseからTibero RDBMSに移行できるとしている。PL/SQLで記述したストアドプロシージャも動作する。Oracle Real Application Clusters(RAC)と同等の機能も持つ。韓国の公共分野を中心に導入実績があり、日本では2012年2月から出荷している。

 Oracle Databaseと比べて、導入コストや運用保守費用が安い。同社の検証によると、5年間使った場合、導入コストと運用保守費用でほぼ2分の1のコストを削減できるとしている。

 背景には、ITコストのさらなる削減が求められているという状況がある。データベースのリプレースや新規システム構築のタイミングで、特に大きなコスト削減を求められている製造業のIT環境に向けて、Tibero RDBMSを販売していく。

関連記事

Special

-PR-

キヤノンITSがOracle互換DB「Tibero」を販売、日本ティーマックスソフトが発表日本ティーマックスソフトは2018年3月5日、Oracle Database互換をうたうRDBMS(リレーショナルデータベース管理システム)ソフト「Tibero RDBMS」の販売代理店を増やし、新たにキヤノンITソリューションズが23社めの販売代理店になったと発表した。同日付でキヤノンITソリューションズを介してTibero RDBMSを購入できるようになったとしている。開発会社は、韓国のTmaxSoft。

PAGE TOP