開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

NTT、Springを中核としたJava開発フレームワークをGitHubで公開

2018年3月13日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTTは2018年3月13日、Javaアプリケーション開発フレームワーク「Macchinetta(マキネッタ)フレームワーク」を公開したと発表した。GitHubを介して入手できる。OSSを組み合わせた共通機能と、アプリケーション開発方法に関するドキュメントで構成する。

 NTTが公開したMacchinettaフレームワークは、Javaアプリケーションサーバー環境で利用できるソフトウェア開発部品(フレームワーク)の1つである。

 Spring Frameworkを中核に各種のオープンソース(OSS)を組み合わせ、Webシステムの開発において必要となる共通機能を提供する。さらに、アプリケーションの基本的な実装手法などをドキュメントとして整備し、これを提供する。

図1●MacchinettaフレームワークのOSSスタック推奨モデル(出所:NTT)図1●MacchinettaフレームワークのOSSスタック推奨モデル(出所:NTT)
拡大画像表示

 OSSの組み合わせによる共通機能の提供においては、様々なユースケースを想定した動作検証を行い、OSSのアプリケーションフレームワークであるSpring Frameworkを中心に、OSSスタック推奨モデルとして定義している。

 アプリケーションの実装手法に関しては、これまでの適用で培ったベストプラクティスに基付いたノウハウを整理し、具体的な実装方法をドキュメントとして定めた開発ガイドライン、機能確認や性能確認を行うための検証プログラム、Macchinettaフレームワークに基付く実装手法の習熟や開発時の事前検討に有効なモデルシステムなどを提供する。

 Macchinettaフレームワークは、NTTのソフトウェアイノベーションセンタ(SIC)が中心となって整備を進めたものである。2014年以降、NTTグループ内のWebシステム開発やユーザー企業向けの開発において、約300件の適用実績がある。

関連記事

Special

-PR-

NTT、Springを中核としたJava開発フレームワークをGitHubで公開NTTは2018年3月13日、Javaアプリケーション開発フレームワーク「Macchinetta(マキネッタ)フレームワーク」を公開したと発表した。GitHubを介して入手できる。OSSを組み合わせた共通機能と、アプリケーション開発方法に関するドキュメントで構成する。

PAGE TOP