[新製品・サービス]

富士通とFOMM、電気自動車のバッテリーを管理するクラウドサービスで協業

2018年3月23日(金)IT Leaders編集部

富士通と、電気自動車の技術開発を手がけるFOMMは、2018年3月22日、電気自動車のバッテリーを管理するクラウドサービスにおいて協業すると発表した。

 EVの走行状況やバッテリー状態、車両利用者のバッテリー利用情報、交換バッテリーの在庫情報などを統合管理するクラウドサービス「Battery Cloud Service」を共同で開発する。

 クラウド基盤として、富士通の位置情報活用クラウドサービス「FUJITSU Mobility Solution SPATIOWL」を活用する。

 Battery Cloud Serviceを使うと、家庭で充電するだけでなく、各所のステーションなどでバッテリーを交換できるようになる。電気残量を常に把握できるため、効率よく充電・交換を行えるようになる。サービス提供者は、バッテリー状態の履歴を管理することで、特性の変化を把握できる。

 Battery Cloud Serviceの運用は、FOMMが2018年12月からタイで量産を開始する小型四輪EV「FOMM 1.0」に合わせて開始する。FOMMは、小型四輪EVに、着脱式バッテリーを搭載するとともに、Battery Cloud Serviceを適用する。

関連記事

Special

-PR-

富士通とFOMM、電気自動車のバッテリーを管理するクラウドサービスで協業富士通と、電気自動車の技術開発を手がけるFOMMは、2018年3月22日、電気自動車のバッテリーを管理するクラウドサービスにおいて協業すると発表した。

PAGE TOP