[イベントレポート]

【IBM Think 2018】IBMロメッティ会長「データ基盤に統合されたAIで誰もがディスラプターになれる」

2018年3月23日(金)河原 潤(IT Leaders編集部)

「第3の“指数関数的シフト”が始まった。IBM WatsonのAIとデータプラットフォームの完全な統合で、誰もがディスラプターになれるチャンスがある」。2018年3月19日~23日(米国現地時間)、米ネバダ州ラスベガスのマンダレイ・ベイ・ホテルで米IBMの年次ユーザーイベント「IBM Think 2018」が開催された。同社会長・社長兼CEO、ジニ・ロメッティ(Ginni Rometty)氏の基調講演から、企業にとって今後重要になりそうな示唆を紹介する。(IT Leaders 編集委員 河原 潤=ラスベガス)

写真:米IBM会長・社長兼CEOのジニ・ロメッティ氏

 米IBMの年次ユーザーイベント「InterConnect」の名称が、今年から「Think」に変更された。Thinkと言えばIBM創業以来の社是だ。ビジネス理念の不変性を強調しているのか、あるいは数年来進めてきた事業・製品ラインの「連結」が完了したことを意味しているのか。そんな意思表示も感じさせるThink 2018の会長講演として、IBMを率いて6年のジニ・ロメッティ氏が登壇した。

 イベントでの発表・解説・議論の前提にあるのは無論、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)だ。ビジネス環境が激しく変化する中、デジタル時代のビジネスに転換できない企業の成長はそこで止まる。DXが言われ出して数年が経った今、テクノロジーの理解と活用に長けたIT先進企業に限った取り組みではなく、すべての企業にとって不可避の課題になっている。

ムーア、メトカーフ……次の大波は指数関数的シフト

 ロメッティ氏は、氏をぐるりと囲むように埋まった円形ステージの客席に向かって、今は企業がDXを推し進め、競争が激化する市場でディスラプションを起こすのにまたとないタイミングだと切り出しだ。

写真:ロメッティ氏は「25年おきにテクノロジーがビジネスを大きく変革する。今、我々は第3の指数関数的なシフトの入口に立っている」と語った

 「テクノロジーの指数関数的シフト(exponential shift)を示す法則が過去60年の間に2度出現した。ムーアの法則とメトカーフの法則だ。およそ25年おきに登場し、いずれもビジネスの大変革につながった。そして今、我々は第3の指数関数的なシフトの入口に立っている」

 「第3の指数関数的シフト」なるものは、「AI」と「データ」が起こすという。「AIは今なら当然そうだろうし、データに関しては言わずもがなでは?」と思ってしまうが、企業はこの2つを完全に一体で取り組む必要があり(自社のデータプラットフォームへのAIの統合)、そのときに初めて指数関数的と呼べるシフトが生まれるのだという。

 ロメッティ氏は、世界中の全データのうち検索可能なデータの割合は2割で、企業が個々に保有している財務や営業などのデータが8割であると指摘。この多種膨大で未活用のデータをビジネス価値に転換すべく、多くの企業がこぞってAIやマシンラーニング(ML)システムに読み込ませて学習させることで、指数関数的なシフトが発生するとした。「データとAIによる指数関数的学習(exponential learning)が始まるわけだ」(ロメッティ氏)

 AIとデータの完全な統合・一体化は、今回IBMが発する製品戦略の根幹メッセージだ。「Watson」技術を組み込んだ最新の「データプラットフォーム」製品・サービス群としてポートフォリオを更新し、ユーザーに提供する。新製品・新サービスは多岐にわたるため、詳細は稿を改めるが、ロメッティ氏が「後々に今の時代を振り返ったとき、Watsonの法則と呼ばれるかもしれない」と言うほど、IBMは新しい戦略とポートフォリオに自信を持っている。

写真:第3の指数関数的シフトの法則は「Watsonの法則」
関連キーワード

IBM / AI / Watson

関連記事

Special

-PR-

【IBM Think 2018】IBMロメッティ会長「データ基盤に統合されたAIで誰もがディスラプターになれる」「第3の“指数関数的シフト”が始まった。IBM WatsonのAIとデータプラットフォームの完全な統合で、誰もがディスラプターになれるチャンスがある」。2018年3月19日~23日(米国現地時間)、米ネバダ州ラスベガスのマンダレイ・ベイ・ホテルで米IBMの年次ユーザーイベント「IBM Think 2018」が開催された。同社会長・社長兼CEO、ジニ・ロメッティ(Ginni Rometty)氏の基調講演から、企業にとって今後重要になりそうな示唆を紹介する。(IT Leaders 編集委員 河原 潤=ラスベガス)

PAGE TOP