[新製品・サービス]

インターコム、FAX製品がOSKの基幹業務システム「SMILE V 販売」のメール・FAX機能に採用

2018年3月27日(火)IT Leaders編集部

インターコムは2018年3月26日、企業向けFAX製品「まいと~く Center Hybrid」が、OSKが開発する基幹業務システム「SMILE V 販売」のテンプレート商品「SMILE V テンプレート メール/FAX送信 for 販売」の通信ソフトに採用されたと発表した。見積書や注文書の送信処理を自動化して、帳票発行業務を効率化できる。

 「メール/FAX送信テンプレート」では、「SMILE V 販売」と「まいと~く」が連携し、見積書や注文書の送信業務を自動化する。具体的には、SMILE V 販売で作成した各帳票を、取引先情報を基にして、まいと~くが速やかに自動で送信する。FAXは紙を介さずに電子ファイルからそのまま送信でき、メールはパスワード付き添付ファイルとして安全に送信できる。

 SMILE V 販売の利用者は、メール/FAX送信テンプレートの導入で各帳票の送信処理を自動化して手作業による遅延や送信ミスを削減でき、帳票発行業務を効率化するとともに、取引先へのすばやく正確な情報伝達を可能にする。

 まいと~くはWebクライアントを搭載しており、受信FAXを紙に出力せずに電子ファイルのまま自席のPCで処理可能だ。FAXで届く注文書を担当者に自動振り分けしたり、納期回答を電子ファイル上に書き込んでFAX返信したりすることができ、受注業務の効率化を図れる。

 SMILE V テンプレート メール/FAX送信 for 販売の価格は、10万円(税別)になる(別途、SMILE V 販売モジュールおよびまいと~く Center Hybridが必要)。

 SMILE V 販売は、基幹業務システム「SMILE」シリーズの最新版で、使いやすさと拡張性を兼ね備えた販売管理システムだ。納品書や請求書の発行に加え、受注・売上・入金、発注・仕入・支払、在庫管理と、販売・購買にかかわる業務全般を管理する。

 まいと~く Center Hybridは、FAXサーバーシリーズの最新製品だ。企業のFAX受注・受付業務、帳票のFAX送信業務をペーパーレス化・電子化するシステムを、オンプレミスに加えてクラウドでも構築できる。FAX業務の効率化とコスト削減、サーバー導入・運用の効率化とコスト削減を同時に図れる。

関連記事

インターコム、FAX製品がOSKの基幹業務システム「SMILE V 販売」のメール・FAX機能に採用インターコムは2018年3月26日、企業向けFAX製品「まいと~く Center Hybrid」が、OSKが開発する基幹業務システム「SMILE V 販売」のテンプレート商品「SMILE V テンプレート メール/FAX送信 for 販売」の通信ソフトに採用されたと発表した。見積書や注文書の送信処理を自動化して、帳票発行業務を効率化できる。

PAGE TOP