[新製品・サービス]

さくらのクラウド、指定した1台のサーバーだけを操作できる「シングルサーバコントロールパネル」

2018年3月27日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

さくらインターネットは2018年3月27日、さくらのクラウドの新機能として、あらかじめ管理者が指定した1台のサーバーに限って操作できる「シングルサーバコントロールパネル」を発表、同日提供を開始した。作業者は、この管理画面を使って、サーバー1台の電源とコンソールを操作できる。料金は無料。

図1●シングルサーバコントロールパネルの概要(出所:さくらインターネット)図1●シングルサーバコントロールパネルの概要(出所:さくらインターネット)
拡大画像表示

 シングルサーバコントロールパネルは、クラウド上に複数台あるサーバーのうち、1台だけを操作できるコントロールパネルである。シングルサーバコントロールパネルを利用する作業者は、管理者が指定した1台のサーバーについてのみ、電源とコンソールを操作できる。

 管理者は、サーバー1台1台を個別に制御する権限を持ったAPIキーを発行する。利用者は、このAPIキーを使ってログインすることで、対象のサーバー1台だけを操作できるようになる。

 背景には、「社内のシステムやネットワーク全体は見せずに、対象のサーバーの構築や保守のみを外部業者に委託したい」、といった需要がある。従来は、利用範囲を制限したい場合に、ユーザーアカウントを分ける必要があった。

 今回のシングルサーバコントロールパネルを使えば、ユーザーアカウントを分けることなく、1台のサーバーを操作するための必要最低限の機能を備えたコントロールパネルを簡単に提供できる。

シングルサーバコントロールパネルで操作可能な機能
機能 許可される操作
リソース閲覧
  • サーバ情報(リソースID、名前、プランなど)の表示
  • アクティビティグラフの表示
サーバー操作
  • 電源操作
  • リモートコンソール操作
関連記事

Special

-PR-

さくらのクラウド、指定した1台のサーバーだけを操作できる「シングルサーバコントロールパネル」さくらインターネットは2018年3月27日、さくらのクラウドの新機能として、あらかじめ管理者が指定した1台のサーバーに限って操作できる「シングルサーバコントロールパネル」を発表、同日提供を開始した。作業者は、この管理画面を使って、サーバー1台の電源とコンソールを操作できる。料金は無料。

PAGE TOP