[新製品・サービス]

「Linux標準教科書(Ver3.0.0)」をリリース、LPI-Japan

2018年3月27日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

特定非営利活動法人エルピーアイジャパン(LPI-Japan)は2018年3月27日、2008年から無償で公開しているLinux学習用教材「Linux標準教科書」の新版「Linux標準教科書(Ver3.0.0)」を発表、同日提供を開始した。PDF版、EPUB版、Kindle版(有償)の3種類があり、Kindle版の新版は2018年4月にリリースする。

図1●Linux標準教科書(Ver3.0.0)の表紙(出所:エルピーアイジャパン)図1●Linux標準教科書(Ver3.0.0)の表紙(出所:エルピーアイジャパン)
拡大画像表示

 Linux標準教科書は、Linuxを初めて勉強する人や、指導する講師を対象に、Linuxの基礎が学べるLinux導入のテキストとして開発した。約20万件のダウンロード実績があり、社員研修テキストなどの用途で使われている。

 今回の新版では、基準となるLinux OSを、CentOS 6からCentOSの最新安定版であるCentOS 7に変更した。さらに、利用者から要望の多かった「プロセス管理」に関する項目を追加した。また、CentOS 6からCentOS 7への移行に役立つ情報として、バージョン間のコマンド比較表などを掲載した。

 ダウンロードURLは、「http://lpi.or.jp/linuxtext/text.shtml」。

 テキストの構成は、以下の通り。

  • 第1章 Linuxとは
  • 第2章 Linuxのインストール
  • 第3章 基本的なコマンド
  • 第4章 正規表現とパイプ
  • 第5章 基本的なコマンド 2
  • 第6章 viエディタ
  • 第7章 管理者の仕事
  • 第8章 ユーザ権限とアクセス権
  • 第9章 シェルスクリプト
  • 第10章 ネットワークの設定と管理
  • 第11章(新設)プロセス管理
  • 第12章 ファイル管理
関連記事

「Linux標準教科書(Ver3.0.0)」をリリース、LPI-Japan特定非営利活動法人エルピーアイジャパン(LPI-Japan)は2018年3月27日、2008年から無償で公開しているLinux学習用教材「Linux標準教科書」の新版「Linux標準教科書(Ver3.0.0)」を発表、同日提供を開始した。PDF版、EPUB版、Kindle版(有償)の3種類があり、Kindle版の新版は2018年4月にリリースする。

PAGE TOP