開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

グレープシティ、業務画面を開発するJavaScriptライブラリ集に新版

2018年3月28日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

グレープシティは2018年3月28日、業務アプリケーション開発に便利なUIコントロールを数多く収録したJavaScriptライブラリの新版「Wijmo 2018J v1」(ウィジモ)を発表、同日出荷した。価格(8%消費税込み)は、最上位エディション「Wijmo Enterprise」の初年度費用が1ユーザーで年額12万9600円。

図1●Wijmo 2018J v1の画面イメージ(出所:グレープシティ)図1●Wijmo 2018J v1の画面イメージ(出所:グレープシティ)
拡大画像表示

 Wijmoは、業務アプリケーション画面をHTML5で実現するためのJavaScriptライブラリ集である。データグリッドやチャートなど、業務アプリケーション画面に必要な各種の部品を収録している。軽量JavaScriptライブラリであるjQueryをベースに作られている。上位エディション(Wijmo Enterprise)では、Excelと同等の操作性と機能を備えた表計算ソフトの部品も利用できる。

 新版では、画面にタブを表示する部品「TabPanel(タブパネル)」を新規に追加した。シンプルなコードで、タブ切り替えができる画面を実現できる。

図2●画面にタブを表示する部品「TabPanel(タブパネル)」を追加した(出所:グレープシティ)図2●画面にタブを表示する部品「TabPanel(タブパネル)」を追加した(出所:グレープシティ)
拡大画像表示

 既存の画面部品も強化した。

 データを表形式で表現するグリッド画面部品「FlexGrid(フレックスグリッド)」を強化し、「複数行テキストの入力」、「セル内容の均等割り付け表示」、「グリッド領域の端にドラッグした場合のスクロール表示」といった機能を追加した。

 チャート画面部品「FlexChart(フレックスチャート)」や、数値入力の画面部品「InputNumber(インプットナンバー)」なども強化した。

 新版ではさらに、パッケージ管理ツール「npm」を使ってインストールできるようにした。npmに対応したAngularやVue.jsといった他ライブラリやフレームワークなどと同様に管理できる。

関連記事

グレープシティ、業務画面を開発するJavaScriptライブラリ集に新版グレープシティは2018年3月28日、業務アプリケーション開発に便利なUIコントロールを数多く収録したJavaScriptライブラリの新版「Wijmo 2018J v1」(ウィジモ)を発表、同日出荷した。価格(8%消費税込み)は、最上位エディション「Wijmo Enterprise」の初年度費用が1ユーザーで年額12万9600円。

PAGE TOP