[新製品・サービス]

富士通、グローバル市場でのRPA導入サービスで英Blue Prismと協業

2018年4月2日(月)IT Leaders編集部

富士通は2018年3月30日、RPA(ロボットによる業務自動化)ソフト「Blue Prism」を開発している英Blue Prismと、RPA分野においてグローバルで協業すると発表した。欧州、北米、日本のユーザーに対して、RPAの立ち上げと運用定着・拡大を支援する。

 Blue PrismはRPAソフトである。グローバル市場において、特にエンタープライズ領域の大規模システムへの実績があるという。富士通は今回、Blue Prismの開発元である英Blue Prismと協業した。グローバル(欧州、北米、日本)のユーザーに対し、RPAの導入と定着を支援する。

 ユーザーへのRPAの導入にあたっては、富士通のAIなどの最新技術を適用するほか、英Blue Prismと共同でソリューション(問題解決策)の企画、提案、PoC(概念検証)などを実施するとしている。

関連キーワード

RPA

関連記事

Special

-PR-

富士通、グローバル市場でのRPA導入サービスで英Blue Prismと協業富士通は2018年3月30日、RPA(ロボットによる業務自動化)ソフト「Blue Prism」を開発している英Blue Prismと、RPA分野においてグローバルで協業すると発表した。欧州、北米、日本のユーザーに対して、RPAの立ち上げと運用定着・拡大を支援する。

PAGE TOP