システム構築/プロジェクトマネジメント システム構築/プロジェクトマネジメント記事一覧へ

[事例ニュース]

富士通、アジャイル人材の育成に「Pivotal Labs」を活用

2018年4月3日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

富士通は2018年4月2日、Pivotalジャパンのアジャイル開発サービス「Pivotal Labs」を富士通のシステムエンジニアの育成プログラムに活用すると発表した。狙いは、企業のデジタル変革を支援するアジャイル人材の育成を強化すること。

 Pivotal Labsは、Pivotalジャパンが提供するアジャイル開発人材育成サービスである。リーンスタートアップとエクストリームプログラミングに基づいたソフトウェア開発の人材育成を行う。日本を含む世界30カ国で提供している。

 リーンスタートアップ(Lean Startup)とは、仮説、構築、検証、修正を迅速に繰り返し、すばやく改良を続けていく開発手法のことである。エクストリームプログラミング(Extreme Programming)とは、各工程で常にフィードバックを行って修正・再設計していくプロセスを重視する開発手法を指す。

 富士通は、アジャイル人材の育成強化を目的に、Pivotal Labsを活用する。リーンスタートアップとエクストリームプログラミングをベースにしたメソドロジー(方法論)を習得した「デジタル変革者」を育成するとしている。

 富士通ではさらに、デジタルビジネスと言われるIoTやAIを活用したSoE(Systems of Engagement)領域のプロジェクトだけでなく、SoR(Systems of Record)とSoEのシステム統合や、既存システムのモダナイゼーション(現代化)を国内の企業に対し推進していく。

関連キーワード

富士通 / Pivotal / アジャイル開発 / リーン / スクラム / エクストリームプログラミング / モダナイゼーション / IT人材

関連記事

富士通、アジャイル人材の育成に「Pivotal Labs」を活用富士通は2018年4月2日、Pivotalジャパンのアジャイル開発サービス「Pivotal Labs」を富士通のシステムエンジニアの育成プログラムに活用すると発表した。狙いは、企業のデジタル変革を支援するアジャイル人材の育成を強化すること。

PAGE TOP