[新製品・サービス]

富士ソフト、USBメモリーを挿して再起動するだけでWindows 10に更新できるサービス

2018年4月3日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

富士ソフトは2018年4月3日、Windows 7を搭載した既存のパソコンを、ユーザーデータを引き継いでWindows 10へとアップグレードするサービス「らくらくアップグレード for Windows」を発表、同日販売を開始した。価格(税別)は、基本料金(パソコン100台でマスターイメージ1つ)で40万円。販売目標は2020年3月までに250社4億円。

図1●らくらくアップグレード for Windowsの概要(出所:富士ソフト)図1●らくらくアップグレード for Windowsの概要(出所:富士ソフト)
拡大画像表示

 らくらくアップグレード for Windowsは、Windows OSを旧版から新版へとアップグレードするサービスである。これまでWindows XPやWindows Server 2003からの移行サービスなどを手がけてきたが、今回新たにWindows 7からWindows 10への移行に利用できるようにした。

 設定済みのツールを収録したDVDまたはUSBメモリーをパソコンに挿入して再起動するだけで、全自動でアップグレードが完了する。サービスを利用するメリットは、移行にかかる手間や時間を短縮できることである。PCのスペックや移行内容にもよるが、最短で30分で移行できるとしている。

 用途は3つある。

既存PCのアップグレード
Windows 7環境の既存PCを、ユーザーデータをそのまま引き継いでWindows 10にアップグレードする
新規PCにWindows 10環境をセットアップ
新規に購入したPCに、ユーザー企業に合わせたWindows 10環境をセットアップする
ユーザーデータの移行
Windows 7環境の既存PCのユーザーデータを、新規のWindows 10環境のPCに移行する

 価格は、基本料金が40万円で、パソコン100台に対してマスターイメージ1つを扱える。追加ライセンスは、パソコン1台あたり4000円。マスターイメージを増やす場合は、マスターイメージ1つあたり20万円。

関連記事

富士ソフト、USBメモリーを挿して再起動するだけでWindows 10に更新できるサービス富士ソフトは2018年4月3日、Windows 7を搭載した既存のパソコンを、ユーザーデータを引き継いでWindows 10へとアップグレードするサービス「らくらくアップグレード for Windows」を発表、同日販売を開始した。価格(税別)は、基本料金(パソコン100台でマスターイメージ1つ)で40万円。販売目標は2020年3月までに250社4億円。

PAGE TOP