[事例ニュース]

ローソン、オンプレの既存システムをマネージドクラウドに移行、NSSOLが発表

2018年4月5日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

新日鉄住金ソリューションズ(NSSOL)は2018年4月5日、ローソンの電子商取引サイト「ローソンフレッシュ」や社内ポータルシステムなどを、オンプレミス環境からNSSOLのマネージドクラウドサービス「absonne」(アブソンヌ)に移行したと発表した。ローソンは、新規システム向けのAmazon Web Services(AWS)と、既存システム向けのabsonneを併用する。

図1●オンプレミス環境の既存システムをマネージドクラウドに移行した(出所:新日鉄住金ソリューションズ)図1●オンプレミス環境の既存システムをマネージドクラウドに移行した(出所:新日鉄住金ソリューションズ)
拡大画像表示

 ローソンは2014年に、情報システムを素早く構築することを目的に、システム基盤をクラウドに順次移行する方針を出した。新規に開発するシステムについてはAWSで構築することにした。一方で、国内3カ所のデータセンターにオンプレミスで保有する既存システムについては、クラウド化を見送ってきた。

 既存システムの運用管理コストを削減するため、既存システムと親和性が高いNSSOLのマネージドクラウドサービス「absonne」を採用したという。absonneの特徴は、既存のアプリケーションをそのまま継続して利用できることであるという。さらに、既存環境と同一のネットワークセグメントをL2ネットワークのまま延伸できるため、IPアドレスを変更したりネットワークを再設計したりせずに済む。

 ローソンは2018年4月時点で、EC系システムや情報系システムを中心に、260個のOSをabsonneに移行し、安定稼働しているという。これにより、一部データセンターの閉鎖を含め、運用管理コストを大幅に削減したとしている。今後も、オンプレミスで所有しているシステムのabsonneへの移行を拡大する。

関連記事

ローソン、オンプレの既存システムをマネージドクラウドに移行、NSSOLが発表新日鉄住金ソリューションズ(NSSOL)は2018年4月5日、ローソンの電子商取引サイト「ローソンフレッシュ」や社内ポータルシステムなどを、オンプレミス環境からNSSOLのマネージドクラウドサービス「absonne」(アブソンヌ)に移行したと発表した。ローソンは、新規システム向けのAmazon Web Services(AWS)と、既存システム向けのabsonneを併用する。

PAGE TOP