[新製品・サービス]

NEC、生体情報から社員の長期ストレスを早期発見できる技術を開発

2018年4月9日(月)IT Leaders編集部

NECは2018年4月6日、ウェアラブルセンサーを用いて取得した生体情報から、従業員の長期ストレスを段階別に高精度に推定する技術を開発したと発表した。これにより、高いストレスリスクの早期発見を可能にする。

 心理学の知見から新たに見出した生体情報の特徴を用いて、段階別に高精度な長期ストレスを推定する。高ストレスの兆候を含めて把握することで、高ストレスになることを未然に防ぐ。例えば、従業員本人の日常的なストレス管理や、高い負荷が予測される組織へのストレス軽減施策の実施などを支援する。

 リストバンド型ウェアラブルセンサーで取得した生体情報から、長期ストレスを精度よく推定する。生体情報による推定によって、アンケート結果に相当する細かで高精度な長期ストレスの認識ができるとしている。

 採用した技術として、長期ストレスの微細な差異を表す「生体情報特徴量」を考案した。「一時的に大きなストレスを受けると、その後些細なこともストレスと感じてしまう」という心理学の知見を導入したとしている。

 長期ストレスの推定に用いる特徴量を、生体情報から抽出する際に、1カ月単位の長期間にわたって生体情報の特徴に変化がない場合と、期間中に大きなストレスを感じて変化がある場合を区別する。時間経過による変化をとらえることによって、長期ストレスの細かな差異を測定できる。

関連記事

NEC、生体情報から社員の長期ストレスを早期発見できる技術を開発NECは2018年4月6日、ウェアラブルセンサーを用いて取得した生体情報から、従業員の長期ストレスを段階別に高精度に推定する技術を開発したと発表した。これにより、高いストレスリスクの早期発見を可能にする。

PAGE TOP