ワークスタイル ワークスタイル記事一覧へ

[事例ニュース]

KDDI、職場環境の改善に向けて作業スペースごとの集中度をウェアラブルデバイスで計測

2018年4月9日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

KDDIは2018年4月9日、オフィスの自席や自宅(テレワーク)など、それぞれの働き場所における社員の集中度を計測する実証実験を開始すると発表した。集中度は、メガネ型ウェアラブルデバイス「JINS MEME」(ジンズ・ミーム)で計測する。分析結果は、社内に設けた作業スペース(カフェテリア)の改善やリニューアルに活用する。実験は、社員20人ほどで2018年4月から6月にかけて実施する。

 KDDIでは、ワークスタイル改革の1つとして、業務環境の見直しに取り組んでいる。自席以外のスペースとして、これまで作業スペースを設けていなかったKDDI飯田橋オフィスの20階カフェテリアをリニューアルし、集中して業務を行うための席を設けている。

図1●20階カフェテリアに集中して作業ができるスペースを設置している(出所:KDDI)図1●20階カフェテリアに集中して作業ができるスペースを設置している(出所:KDDI)
拡大画像表示

 今回、社員20人がモニターとなって、オフィス自席や自宅、20階カフェテリアなど、それぞれのワークスペースにおける集中度をウェアラブルデバイスで計測する実証実験を実施する。分析結果を、20階カフェテリアの改善や、12階および29階カフェテリアのリニューアルに活用する。

 集中度は、メガネ型ウェアラブルデバイスのJINS MEMEで計測する。瞬きと視線移動、および体の動きのデータを元に、集中力計測アプリ「JINS MEME OFFICE」を使って測定する。これ以外に、バイタルモニタービーコン「MEDiTAG」(メディタグ)を使って、脈拍やストレス、行動記録などを測定する。

 実験を通じて、集中力、リラックス度に関するデータを収集し、執務環境の違いによる効果を分析する。さらに、実験に参加したモニターの意見を集約・分析し、将来の働き方改革に向けた潜在的な課題を抽出する。ワークスペースを運営している「Think Lab」(シンク ラボ)の協力の下でデータを分析する。

関連記事

KDDI、職場環境の改善に向けて作業スペースごとの集中度をウェアラブルデバイスで計測KDDIは2018年4月9日、オフィスの自席や自宅(テレワーク)など、それぞれの働き場所における社員の集中度を計測する実証実験を開始すると発表した。集中度は、メガネ型ウェアラブルデバイス「JINS MEME」(ジンズ・ミーム)で計測する。分析結果は、社内に設けた作業スペース(カフェテリア)の改善やリニューアルに活用する。実験は、社員20人ほどで2018年4月から6月にかけて実施する。

PAGE TOP