[新製品・サービス]

SaaSデータをローカルDBに同期する「CData Data Sync」に新版、管理APIを公開

2018年4月10日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

CData Software Japanは2018年4月10日、Salesforce.comなどのSaaS型クラウドサービスのデータをローカルデータベースにノンプログラミングで同期させることができるツール「CData Data Sync」の新版を発表した。新版では、管理APIを公開したほか、複数のデータソースを管理コンソールで一元的に管理できるようにした。Windows版を先行して提供する。Linux版は2018年上期中に提供する。

 CData Data Syncは、SaaS型クラウドサービスのデータをローカルデータベースに同期させるためのツールである。データソースとして、複数のSaaS型クラウドサービスからデータを取得できる。データの同期先として、複数のDBMS(データベース管理システム)にデータを格納できる。

 想定している主な用途は、オンプレミスDBMSへのデータ連携、BI(ビジネスインテリジェンス)やデータ分析、機械学習などのためのデータローディング、DR(災害時復旧)のためのバックアップ、―などである。

 特徴は、ノンプログラミングでデータの同期設定ができることである。Web管理コンソールの上で、データソースと同期先の設定、同期ジョブの管理ができる。データを同期する際には、前回更新してから変更が加わった分だけを選択的に同期する仕組みを取り入れた。これにより、余計な通信が発生しないようにした。

 今回の新版では、管理APIを公開した。これにより、Web管理画面だけでなくAPIを介してジョブの起動などの操作が可能になった。さらに、複数のデータソースを管理コンソール上で一元的に管理できるようにした。

 データソースのSaaS型クラウドサービスは、Salesforce、Dynamics CRM、SharePoint、NetSuite、SugarCRM、Zoho CRM、Marketo、Oracle Eloqua、HubSpot、Service Now、QuickBooks、など。一方、同期先のDBMSは、Oracle Database、MySQL、SQL Server、DB2、PostgreSQL、SQLite、SQL Azure、Amazon Redshift、Access、MongoDB、Google BigQuery、など。

関連記事

Special

-PR-

SaaSデータをローカルDBに同期する「CData Data Sync」に新版、管理APIを公開CData Software Japanは2018年4月10日、Salesforce.comなどのSaaS型クラウドサービスのデータをローカルデータベースにノンプログラミングで同期させることができるツール「CData Data Sync」の新版を発表した。新版では、管理APIを公開したほか、複数のデータソースを管理コンソールで一元的に管理できるようにした。Windows版を先行して提供する。Linux版は2018年上期中に提供する。

PAGE TOP