メインフレーム メインフレーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

富士通がメインフレームを新モデルへと刷新、2030年以降も継続して提供

2018年4月17日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

富士通は2018年4月17日、メインフレーム「GS21」シリーズを刷新したと発表した。超大型機「FUJITSU Server GS21 3600モデルグループ」と、中・大型機「FUJITSU Server GS21 3400モデルグループ」を、2018年4月17日から販売する。販売目標は、メインフレーム全体で2018年度(2019年3月期)から2020年度(2021年3月期)までの3年間で800台。

写真1●メインフレーム「GS21」シリーズの外観写真1●メインフレーム「GS21」シリーズの外観
拡大画像表示

 メインフレームの新モデルでは、従来のモデルと比べて、CPU性能を最大で約20%高めた。マルチクラスタシステムでは、システム記憶装置(SSU)へのアクセス回数を削減することで、トランザクション処理性能を向上させた。デジタル化の進展にともなうデータ量の増大に対応できるとしている。

 設置面積を、最大で約40%減らした。GS21 3400では、マルチクラスタシステムにおいて、1台のきょう体に2クラスタを搭載できるようになった。これにより、設置面積が最大で約40%減った。オールインワンモデルではさらに、周辺装置(ディスクストレージ装置、テープ装置、コンソール装置)も、きょう体に搭載できる。

 オープンシステムからメインフレームのデータベースにアクセスする機能を、基本ソフトとして標準搭載した。さらに、ファイル転送機能を強化し、メインフレーム中・大型機用OS「OSIV/XSP」上で最大280Gバイトのデータを一括で転送できるようにした。また、SVPMコンソールでは、ユーザー権限と証跡ログの管理によって、不正操作の抑止や検出ができるとしている。

 富士通では、メインフレームを継続して欲しいというニーズに応えるため、中長期のロードマップを刷新した。2030年以降もメインフレームの継続提供と強化を保証する、としている。

販売価格、および出荷時期
製品名 販売価格(月額・税別) 出荷時期
FUJITSU Server GS21 3600モデルグループ
(全35モデル)
1138万2000円から 2018年9月末から順次
FUJITSU Server GS21 3400モデルグループ
(全29モデル)
101万5000円から 2018年9月末から順次
FUJITSU Software GSS21sx V20
(基本ソフトウェアパック)
83万7000円から 2018年9月末から
関連記事

富士通がメインフレームを新モデルへと刷新、2030年以降も継続して提供富士通は2018年4月17日、メインフレーム「GS21」シリーズを刷新したと発表した。超大型機「FUJITSU Server GS21 3600モデルグループ」と、中・大型機「FUJITSU Server GS21 3400モデルグループ」を、2018年4月17日から販売する。販売目標は、メインフレーム全体で2018年度(2019年3月期)から2020年度(2021年3月期)までの3年間で800台。

PAGE TOP