[新製品・サービス]

さくらのレンタルサーバがPHPモジュール採用、CGIと比べてWordPressを16倍に高速化

2018年4月18日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

さくらインターネットは2018年4月18日、「さくらのレンタルサーバ」において、WordPressなどのPHPアプリケーションを最大で16倍に高速化する「PHPモジュールモード」を、同日付けで提供開始すると発表した。

 PHPモジュールモードによって、料金はそのままにPHPアプリケーションを高速化できる。これまでは、CGIを介してPHPを実行する「CGIモード」を提供してきたが、PHPモジュールモードでは、PHP実行機能をHTTPサーバーに組み込んで高速に実行できる。

 これにより、WordPressやEC-CUBE、concrete5などの、PHPを利用したCMS(コンテンツ管理システム)の管理画面の操作性やサイトの表示速度が改善する、としている。

 実際に同社がWordPressサイトのパフォーマンステストを実施したところ、PHP 5.6のCGIモードが8.2秒に対して、PHP 7.1のPHPモジュールモードが0.5秒となり、処理時間が最大で16倍に高速化した。

 PHPモジュールモードへの対応にともない、ハードウェア増強や高速Webサーバー「Nginx」の導入を行ったという(これまでは「Apache」を使っていた)。これにより、高負荷時の処理性能が向上し、アクセス集中時もこれまでより安定したサイト表示が可能になったとしている。

 PHPモジュールモードの対象サービスは、「さくらのレンタルサーバ」の「スタンダード」、「プレミアム」、「ビジネス」、「ビジネスプロ」の各プラン、および、「さくらのマネージドサーバ」である。

 なお、さくらのレンタルサーバの新コントロールパネルを2018年5月に公開する予定である。直感的で分かりやすいデザインに刷新するとしている。WordPressのインストールが、より簡単に行えるようになるという。

画面1●新コントロールパネルのイメージ(出所:さくらインターネット)画面1●新コントロールパネルのイメージ(出所:さくらインターネット)
拡大画像表示
関連記事

さくらのレンタルサーバがPHPモジュール採用、CGIと比べてWordPressを16倍に高速化さくらインターネットは2018年4月18日、「さくらのレンタルサーバ」において、WordPressなどのPHPアプリケーションを最大で16倍に高速化する「PHPモジュールモード」を、同日付けで提供開始すると発表した。

PAGE TOP