メインフレーム メインフレーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

日本IBM、19インチラック幅の小型メインフレームを発表、ラックマウント機も収容可能

2018年4月19日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日本IBMは2018年4月19日、都内で会見を開き、米IBMが2018年4月10日に発表したメインフレーム新製品で、19インチラック幅としてデータセンターに容易に置けるようにした「IBM z14 Model ZR1」および「IBM LinuxONE Rockhopper II」について説明した。

写真1●19インチラック幅とした「IBM z14 Model ZR1」のモックアップ。床面の白い部分は、これまで最も設置面積が小さかった「IBM z13s」の設置面積。z13s比で約40%設置面積を削減した写真1●19インチラック幅とした「IBM z14 Model ZR1」のモックアップ。床面の白い部分は、これまで最も設置面積が小さかった「IBM z13s」の設置面積。z13s比で約40%設置面積を削減した
拡大画像表示

 IBM z14 Model ZR1は、現行世代のメインフレーム「IBM z14」のラインアップのうち廉価モデルに相当する製品である。最大の特徴は、きょう体のサイズを19インチラック幅にしたことである。これにより、一般的なデータセンター設備に設置しやすくなった。

 日本IBMでは、19インチ幅のModel ZR1に合わせて、専任組織を2018年4月1日付けで新設している。データセンター事業者などに向けて営業活動を開始したという。

 Model ZR1のきょう体は19インチのラックそのものの形状であり、内部には高さ16U分のラックユニットの空きがある。ここにラックマウント型のサーバー機やストレージ機器、ネットワーク機器などを収容することもできる。

 19インチラック幅としたことで、データセンターの設置面積も削減している。これまでで最も設置面積が小さかったモデル「IBM z13s」と比べても、設置面積が約40%少なくなった。

図1●19インチラック型のきょう体には、高さ16U分の空きスペースがある。ここにラックマウント型のサーバー機やストレージ機器、ネットワーク機器などを収容して“仮想データセンター”を構成できる(出所:日本IBM)図1●19インチラック型のきょう体には、高さ16U分の空きスペースがある。ここにラックマウント型のサーバー機やストレージ機器、ネットワーク機器などを収容して“仮想データセンター”を構成できる(出所:日本IBM)
拡大画像表示

 なお、IBM z14は、2017年7月に発表した最新型のメインフレームである。特徴は、前機種「IBM z13」(2015年3月出荷)と比べて、暗号化処理のための専用回路などを強化し、全データをハードウェアで暗号化できるようにしたこと。IBM z14 Model ZR1の場合、1台で1日あたり8億5000万件を超える暗号化トランザクションを処理できる。

 Model ZR1は、IBM z14のラインアップ中では廉価モデルに相当する。搭載できるプロセッサユニット数は、4、12、24、30で、最大メモリーサイズは2~8Tバイトである。これに対して、これまでのエントリーモデル「M01」は、プロセッサユニット数は33、最大メモリーサイズは8Tバイトである。

関連記事

日本IBM、19インチラック幅の小型メインフレームを発表、ラックマウント機も収容可能日本IBMは2018年4月19日、都内で会見を開き、米IBMが2018年4月10日に発表したメインフレーム新製品で、19インチラック幅としてデータセンターに容易に置けるようにした「IBM z14 Model ZR1」および「IBM LinuxONE Rockhopper II」について説明した。

PAGE TOP