[事例ニュース]

ネクスト・フィールド、宇都宮市でLoRaWANの実証実験、参加企業を一般公募

2018年4月20日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ネクスト・フィールドは2018年4月18日、栃木県宇都宮市において、IoTデバイスに適した低消費電力の無線通信規格「LoRaWAN」を用いたIoTの実証実験を行うと発表した。市内複数箇所にLoRaWANの基地局を設置し、LPガスの検針や高齢者・子供の見守りなど、市民生活に役立つサービスの実証実験を行う。

図1●LoRaWANを用いたIoTの実証実験の概要(出所:ネクスト・フィールド)図1●LoRaWANを用いたIoTの実証実験の概要(出所:ネクスト・フィールド)
拡大画像表示

 実証実験は2018年7月に開始する。これに先立ち、2018年5月から実験に参加する企業・団体を一般公募する。2018年6月に参画企業・団体を選定する。一般公募の募集要項は、ネクスト・フィールドのサイトで2018年4月下旬に公開する。

 宇都宮市の主要地域をカバーするLoRaWANネットワーク網を構築する。LoRaWAN無線の基地局となるゲートウェイの設置場所として、宇都宮市から市庁舎の屋上スペースなどを借用する。

 想定している用途は、LPガスの検針や高齢者・子供の見守りなどである。実験では、公募で募った一般企業・団体とともに、IoT技術を使った様々なサービスの構築を目指す。

 LoRaWANの技術を持つベンダーとして、アズビル金門、エムモビリティ、マクニカネットワークスの協力の下で実験を実施する。

関連記事

Special

-PR-

ネクスト・フィールド、宇都宮市でLoRaWANの実証実験、参加企業を一般公募ネクスト・フィールドは2018年4月18日、栃木県宇都宮市において、IoTデバイスに適した低消費電力の無線通信規格「LoRaWAN」を用いたIoTの実証実験を行うと発表した。市内複数箇所にLoRaWANの基地局を設置し、LPガスの検針や高齢者・子供の見守りなど、市民生活に役立つサービスの実証実験を行う。

PAGE TOP