[新製品・サービス]

ハンモック、名刺管理を軸とした営業支援クラウドを強化、連携サービスを拡充

2018年4月23日(月)IT Leaders編集部

ハンモックは2018年4月20日、名刺管理を軸としたクラウド型の営業支援ソフト「HotProfile(ホットプロファイル)」を強化し、HotProfileと連携するシステムやサービスを拡充すると発表した。

 HotProfileは、クラウド型の営業支援ソフトである。最大の特徴は、名刺管理の機能を軸としながら、マーケティング(見込み客の発掘など)や営業支援(SFA)の機能をあわせ持っていることである。売上を上げるために必要な機能をオールインワンでまとめているため、複雑な連携を行う必要がないとしている。

 顧客とのコミュニケーション状況を名刺とひも付け、横断的に活動を把握できるという。さらに、社内外の情報をつなげて全体像を1箇所で分かるようにしているため、営業担当者は情報武装ができるという。

 HotProfileの価格(税別)は、以下の通り。機能を名刺管理に限定した「基本パック」は、5~30人で使う場合に1ユーザーあたり月額3000円。名刺管理に加えて営業支援(SFA)の機能を利用できる「SFAパック」は、5~30人で使う場合に1ユーザーあたり月額4500円。

 オプションの「アカウントセールスオプション」は、5~30人で使う場合に月額2000円。オプションの「MAオプション」(新たな見込み客の発掘)は、5~30人で使う場合に1社あたり月額8万5000円円。

 HotProfileはこれまで、20を超えるサービスと連携してきた。主な連携サービスは、以下の通り。

主な連携サービス
グループウェア/社内イントラ Garoon
サイボウズOffice10
kintone
desknet's NEO
CRM Dynamics CRM
SugarCRM
ビジネスチャット Chatwork
Talknote
BIツール MotionBoard
Tableau
Power BI
QlikView
シングルサインオン Active Directory Federation Services
Gluegent Gate
IceWall
HDE One
OneLogin
CTI おもてなし電話 シンカCTI
経路検索 RODEM
アドレス帳 Office365
関連記事

Special

-PR-

ハンモック、名刺管理を軸とした営業支援クラウドを強化、連携サービスを拡充ハンモックは2018年4月20日、名刺管理を軸としたクラウド型の営業支援ソフト「HotProfile(ホットプロファイル)」を強化し、HotProfileと連携するシステムやサービスを拡充すると発表した。

PAGE TOP