[新製品・サービス]

NEC、システム異常を検知する“インバリアント分析”をソフトパッケージ化して提供

2018年4月23日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NECは2018年4月23日、システムの振る舞いをモデル化することによって故障の予兆を検知できるようにするNECの“インバリアント分析技術”をソフトウェア製品としてパッケージ化したと発表した。NEC Advanced Analytics - インバリアント分析 V2.1」の名称で、同日販売を開始した。

図1●インバリアント分析を追加で導入するイメージ(出所:NEC)図1●インバリアント分析を追加で導入するイメージ(出所:NEC)
拡大画像表示

 NECのインバリアント分析技術は、計測値同士の相関関係をモデル化する技術であり、異常検知に利用できる。センサーデータから、通常時のシステムの稼動状態を自動的にモデル化する。通常通りではない異常なイベントが発生した際に、これを検知できる。しきい値による監視よりも早く異常を検知できるため、故障の予兆の検知に適する。

 今回、センサー間の不変的な関係性や分析結果(異常予兆検知や異常影響範囲)を専用画面で見える化する機能とともに、AIエンジン(インバリアント分析技術)をソフトウェア製品としてパッケージ化した。システムの働状況を監視する用途に向けて提供する。

 パッケージ化により、工場などに導入している既存システムに対して、インバリアント分析技術を追加で導入しやすくなった。ユーザー自身で過去データ(時系列数値のCSVファイルなど)を用いた標準的な分析や動作評価が可能となり、既設の監視制御システムにAIエンジンを追加導入しやすくなった。

 導入・初期運用を支援するサポートサービスも提供する。ソフトウェアの操作レクチャー、インストール支援、問合せ対応を行うサポートサービス「インバリアント分析スターターパック」をあわせて提供する。インバリアント分析を初めて利用する場合や、AI分析に慣れたデータ解析者がいない場合でも、初期支援によって導入と活用を進めることができるとしている。

 価格(税別)は、500センサーあたり520万円からで、250センサー単位で追加できる。サポートサービスのインバリアント分析スターターパックの価格は、3カ月あたり200万円からで、支援希望の内容に応じて見積り。

関連記事

NEC、システム異常を検知する“インバリアント分析”をソフトパッケージ化して提供NECは2018年4月23日、システムの振る舞いをモデル化することによって故障の予兆を検知できるようにするNECの“インバリアント分析技術”をソフトウェア製品としてパッケージ化したと発表した。NEC Advanced Analytics - インバリアント分析 V2.1」の名称で、同日販売を開始した。

PAGE TOP