[新製品・サービス]

RPAソフト「WinActor」新版で同時使用ライセンスを選択可能に、NTTアドバンステクノロジ

2018年4月26日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTTアドバンステクノロジ(NTT-AT)は2018年4月26日、RPAソフトの新版「WinActor Ver.5.1」を発表した。2018年6月から販売する。インストール先のパソコン台数にひも付いたノードロックライセンスに加えて、新たにフローティングライセンス(同時使用ライセンス)を選べるようにした。

 WinActorは、RPA(ロボットによる業務自動化)ソフトである。WindowsアプリケーションやWebアプリケーションで行うさまざまな操作を「シナリオ」として記録し、これを人間に代わって自動で実行する。既存システムに手を加えることなく、これまで人手で行ってきた定型的な繰り返し作業や、複数システムにまたがるデータの投入作業などを自動化できる。

図1●WinActor Ver.5.1では同時使用ライセンスを選べるようにした(出所:NTTアドバンステクノロジ)図1●WinActor Ver.5.1では同時使用ライセンスを選べるようにした(出所:NTTアドバンステクノロジ)
拡大画像表示

 新版では、同時使用ライセンスを選べるようにした。ライセンス管理ソフトとセットで購入する必要があるが、同時使用台数がライセンス数の範囲内であれば、どのパソコンからでもWinActorを起動できる。これに対してこれまでは、ソフトウェアをインストールしたパソコン台数とライセンスをひも付けるノードロックライセンスしか選べなかった。

 新版ではまた、Webブラウザ連携のためのライブラリを追加した。これにより、画像マッチングやエミュレーション以外の方法で、Google ChromeとMicrosoft Edge上での処理を自動化できるようになった。

 価格(税別)は、以下の通り。ノードロックライセンス版は、シナリオの作成が可能なフル機能版が90万8000円で、シナリオの実行に機能を限定した実行版が24万8000円。フローティングライセンス版の価格はオープンで、ライセンス管理ソフトをセットで購入する必要がある。

関連キーワード

RPA

関連記事

Special

-PR-

RPAソフト「WinActor」新版で同時使用ライセンスを選択可能に、NTTアドバンステクノロジNTTアドバンステクノロジ(NTT-AT)は2018年4月26日、RPAソフトの新版「WinActor Ver.5.1」を発表した。2018年6月から販売する。インストール先のパソコン台数にひも付いたノードロックライセンスに加えて、新たにフローティングライセンス(同時使用ライセンス)を選べるようにした。

PAGE TOP