開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[事例ニュース]

住友生命がブロックチェーンの実証実験、保険管理業務への導入効果を検証

2018年5月14日(月)IT Leaders編集部

住友生命保険と電縁は2018年5月11日、ブロックチェーン技術を活用した保険管理業務に関する実証実験を2018年5月から約3カ月間実施すると発表した。ブロックチェーン技術によって保険管理業務を自動化する仕組みを構築し、実現できるかどうかを検証する。

 保険契約の引受や契約管理、保険金の給付等の保険管理業務をブロックチェーン上で行う仕組みを構築し、これを実証する。情報セキュリティや業務効率化などを含めて、ブロックチェーン技術の保険管理業務への適用可否や導入効果を検証する。スマートフォンで操作が完結することを前提とし、保険加入者の利便性の向上と業務の効率化を図る。

 期待する効果は以下の通り。

  1. ブロックチェーン技術の活用により、保険契約の引受から保険金支払までの一連の保険管理プロセスを自動化することによるオペレーションの迅速化と人件費や書類送付等のコスト削減
  2. 保険契約関連手続きをスマートフォン上の最小限の操作で行うことによる顧客利便性の向上
  3. ネットワーク上の複数サーバーで同一データを分散管理するブロックチェーン技術を利用することで、すべての取引記録が透明性高く共有され、改ざんなどの不正が困難となることによる保険契約情報の安全な管理
  4. ブロックチェーン技術により従来の中央認証やデータ管理など、ハードウェアに依存したセキュリティ構築が不要となることによる安価なシステム構築
関連記事

住友生命がブロックチェーンの実証実験、保険管理業務への導入効果を検証住友生命保険と電縁は2018年5月11日、ブロックチェーン技術を活用した保険管理業務に関する実証実験を2018年5月から約3カ月間実施すると発表した。ブロックチェーン技術によって保険管理業務を自動化する仕組みを構築し、実現できるかどうかを検証する。

PAGE TOP