システム構築/プロジェクトマネジメント システム構築/プロジェクトマネジメント記事一覧へ

[市場動向]

NTTデータ、米VMwareのグローバルSIパートナ契約を締結

2018年5月15日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTTデータは2018年5月15日、VMware製品を使ったシステム構築・アウトソーシングサービスをグローバルで提供するにあたって、米VMwareとの間で「VMware Global System Integrator & System Outsourcer」(Global SISO)の契約を2018年5月15日に締結すると発表した。2020年度末までに、VMware製品関連のシステム構築ビジネスなどで、グローバルの売り上げ累計400億円を目指す。

図1●NTTデータとVMwareの協業によるデジタル化対応のイメージ(出所:NTTデータ)図1●NTTデータとVMwareの協業によるデジタル化対応のイメージ(出所:NTTデータ)
拡大画像表示

 NTTデータが米VMwareと取り交わすGlobal SISO契約は、グローバルに展開するSIベンダーを対象としたパートナーシップである。パートナー契約によってNTTデータは、米VMwareの技術サポートを受けながらシステム構築・運用サービスを提供できるようになるという。日本企業でGlobal SISOを契約するのは、NTTデータが初めてという。

 NTTデータはこれまで、主にトラディショナルな基幹系システム領域において、2001年から仮想化ソフトに取り組んできた。2006年からは、VMware認定コンサルティングパートナーとして、VMware製品の導入支援を提供してきた。今回、Global SISOパートナーシップ契約を締結することにした。

 今回さらに、NTTデータグループ全社のシステム開発環境をクラウド上に集約した「統合開発クラウド」に、VMware製品「VMware Cloud Foundation」を追加することにした。これにより、統合開発クラウド上で、VMware製品を用いたユーザーの既存IT資産を生かしたシステム開発ができるようになる。

 統合開発クラウドでは今後、AWS(Amazon Web Services)のデータセンター上に構築したVMware環境「VMware Cloud on AWS」などと連携したハイブリッドクラウド環境や、コンテナ技術を利用した環境も追加する予定である。

関連記事

Special

-PR-

NTTデータ、米VMwareのグローバルSIパートナ契約を締結NTTデータは2018年5月15日、VMware製品を使ったシステム構築・アウトソーシングサービスをグローバルで提供するにあたって、米VMwareとの間で「VMware Global System Integrator & System Outsourcer」(Global SISO)の契約を2018年5月15日に締結すると発表した。2020年度末までに、VMware製品関連のシステム構築ビジネスなどで、グローバルの売り上げ累計400億円を目指す。

PAGE TOP