開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

人事アウトソースのレジェンダがRPAで採用業務を自動化、アシストがソフトを提供

2018年5月16日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

アシストは2018年5月16日、RPA(ロボットによる業務自動化)関連ソフトのユーザー事例の1つとして、人事業務に特化したアウトソーシングサービスを手がけるレジェンダ・コーポレーションが採用業務にRPAを導入したと発表した。採用業務の自動化を皮切りに、より広範囲な業務を自動化していく構想という。

 レジェンダ・コーポレーションは、人事業務に特化したアウトソーシングサービスを提供している企業である。人事労務サービス、採用支援サービス、クラウド型人事システムなど、幅広い製品サービスを提供している。今回、採用業務のアウトソーシングサービスにおいて、手作業や人の判断に起因する課題を解決するため、RPAを導入した。

図1●AEDAN自動化パックによる採用業務の自動化イメージ(出所:アシスト)図1●AEDAN自動化パックによる採用業務の自動化イメージ(出所:アシスト)
拡大画像表示

 採用業務が抱えていた課題は大きく3つある。(1)1つは、応募者が急増する毎年3月前後に、手作業の業務量が急増することである。複数の就職ポータルサイトから、顧客企業ごとの求人応募データを手動でダウンロードして、採用支援システムにアップロードする作業である。

 (2)課題の2つめは、人の判断が必要となる処理が多く、判断ルールも複雑多岐にわたっていることである。応募者データを採用支援システムにアップロードする際には、同一人物の判定チェックやフラグの追加といった、人の判断を要する処理が数多くある。しかも、顧客企業ごとに判定ルールやフラグ追加ルールが異なるため、判断ルールが複雑多岐にわたっている。

 (3)課題の3つめは、ヒューマンエラーのリスクが大きいことである。応募者データという個人情報を取り扱う一方で、手作業や人の判断が介在する作業が多いため、常にヒューマンエラーのリスクが付きまとっている。

 これらの課題の解決策として、採用業務のオペレーションを自動化するため、アシストのRPA関連ソフト「AEDAN自動化パック」を導入した。30日間の試験運用を経て、実業務で効果があることを確認したという。

 AEDAN自動化パックは、定型業務を自動化するためのソフトウェア基盤である。アシストが販売している3つの製品を組み合わせてパッケージ化した。人の手作業を自動化するRPAソフト「ROBOWARE」(イーセクターが開発)、業務判断を自動化するBRMSソフト「Progress Corticon」(米Progress Softwareが開発)、周辺システムとのデータ連携を実現するEAIソフト「DataSpider Servista」(アプレッソが開発)、である。

 例えば、(1)ROBOWAREが、就職ポータルサイトから応募者データを自動でダウンロードする。(2)DataSpider ServistaとProgress Corticonが連携し、ダウンロードした応募者データの同一人物判定やフラグ追加判定を実施する。(3)ROBOWAREが、処理済みの応募者データを採用支援システムにアップロードする。こうした全ての流れを自動化する。

関連キーワード

RPA

関連記事

人事アウトソースのレジェンダがRPAで採用業務を自動化、アシストがソフトを提供アシストは2018年5月16日、RPA(ロボットによる業務自動化)関連ソフトのユーザー事例の1つとして、人事業務に特化したアウトソーシングサービスを手がけるレジェンダ・コーポレーションが採用業務にRPAを導入したと発表した。採用業務の自動化を皮切りに、より広範囲な業務を自動化していく構想という。

PAGE TOP