タレントマネジメント タレントマネジメント記事一覧へ

[新製品・サービス]

SaaS型人事ソフトSAP SuccessFactorsを強化、人材管理に給与計算・労務管理を統合

2018年5月17日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

SAPジャパンは2018年5月17日、SaaS型クラウドサービスの形で利用できる人事アプリケーションの新版「SAP SuccessFactors HCM Suite」を発表した。従来のタレントマネジメント機能に加えて、新たに給与計算や労務管理などの機能を利用できるようにした。GDPR対応のための機能も追加した。新機能は2017年11月から提供している。価格は非公開。

 SAP SuccessFactors HCM Suiteは、独SAPが買収した米Success FactorsのSaaS型タレントマネジメントソフトをベースに、給与計算や労務管理などの機能を追加した総合的な人事アプリケーションである。日本の企業が必要とする人事機能をすべてSaaS型のクラウドサービスとして利用できるようにしたとしている。

図1●SAP SuccessFactors HCM Suiteの機能群。タレントマネジメントだけでなく、給与計算や労務管理に使えるようにした(出所:SAPジャパン)図1●SAP SuccessFactors HCM Suiteの機能群。タレントマネジメントだけでなく、給与計算や労務管理に使えるようにした(出所:SAPジャパン)
拡大画像表示

 GDPR対応も図った。まず、個人データの保管や処理についてデータの提供者に同意をとる機能を搭載した。ユーザー権限に応じて個人データへのアクセスを制御する機能も搭載した。どのような個人データを保存しているかを可視化したり、保存の必要がなくなったデータを消去したりする機能も用意した。

写真1●SAP SuccessFactors HCM Suiteについて説明する、SAPジャパン バイスプレジデント 人事・人財ソリューション事業本部 本部長の稲垣利明氏写真1●SAP SuccessFactors HCM Suiteについて説明する、SAPジャパン バイスプレジデント 人事・人財ソリューション事業本部 本部長の稲垣利明氏
拡大画像表示

 SAP SuccessFactors HCM Suiteの導入実績はグローバルで6400社。国内では、2012年に買収して以降、現在(2017年)までに事業規模が7倍に成長した。2018年の注力ポイントは、人事業務のフルクラウド化、グローバル展開支援(91カ国の法要件に対応済)、導入テンプレートなどのエコシステム強化、の3つ。

 記者発表会では、新たに追加した給与計算や労務管理のデモンストレーションを見せた。特徴の1つは、画面をシンプルに設計したことである。シンプルでありながら一覧性のある画面を実現したほか、やりたい作業に少ないクリック数で到達できること、とるべきアクションをアプリケーションが示唆してくれること、などを追及したとしている。

関連キーワード

SAP / GDPR

関連記事

Special

-PR-

SaaS型人事ソフトSAP SuccessFactorsを強化、人材管理に給与計算・労務管理を統合SAPジャパンは2018年5月17日、SaaS型クラウドサービスの形で利用できる人事アプリケーションの新版「SAP SuccessFactors HCM Suite」を発表した。従来のタレントマネジメント機能に加えて、新たに給与計算や労務管理などの機能を利用できるようにした。GDPR対応のための機能も追加した。新機能は2017年11月から提供している。価格は非公開。

PAGE TOP