アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

設備保全に関わる現場作業をARでサポート─東芝デジタルソリューションズ

2018年5月18日(金)IT Leaders編集部

東芝デジタルソリューションズは2018年5月17日、設備のオペレーションやメンテナンスなどの現場作業で課題となっている業務効率化や熟練作業者の技術継承などをAR(拡張現実)で支援する、現場作業のデジタル化製品「Meister AR Suite」の提供を開始すると発表した。

 作業用タブレットが対象設備を認識すると、「ARマニュアル」により作業箇所や手順をARで表示し、音声や動画でガイドする。これにより、経験が少ない作業者でも正しい現場作業をスムーズに行うことが可能となり、紙のマニュアルを持ち歩くことも不要になる。また、「ARナビゲーション」により作業者を施設内の対象設備まで安全・確実に誘導することが可能だ。

 これらのARコンテンツは、ノンプログラミングで利用でき直感的なGUIを備えた「ARコンテンツジェネレータ」により、ARの専門知識がなくても、ユーザー自身のPCで簡単に作成・編集できる。

 Meister AR SuiteのコアとなるAR技術は、東芝グループのICTを支える東芝インフォメーションシステムズが開発し、東芝グループの工場などでの実証実験を重ねることで、認識精度や使い勝手の向上を進めてきたという。設備のオペレーションやメンテナンス以外にも、設計・製造・営業・教育など様々な場面で利用することが可能だ。

 Meister AR Suiteは、東芝デジタルソリューションズものづくりIoT製品「Meisterシリーズ」の新たなラインアップとして提供する。

関連記事

設備保全に関わる現場作業をARでサポート─東芝デジタルソリューションズ東芝デジタルソリューションズは2018年5月17日、設備のオペレーションやメンテナンスなどの現場作業で課題となっている業務効率化や熟練作業者の技術継承などをAR(拡張現実)で支援する、現場作業のデジタル化製品「Meister AR Suite」の提供を開始すると発表した。

PAGE TOP