[新製品・サービス]

可用性とセキュリティを備えた分散ファイルストレージ、ユニアデックスが月額制で提供

2018年5月21日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ユニアデックスは2018年5月21日、ファイルを分散保存することによって可用性やセキュリティを高められるファイルストレージを、オンプレミス環境や各種クラウドサービス上に構築して運用するサービス「FogStorage 分散ファイルサービス」を発表した。月額制で利用できる。

 (1)特徴の1つは、ファイルストレージであること。一般的なオブジェクトストレージではないため、プロトコル変換ゲートウェイを介することなく、直接ファイルアクセス(CIFS/SMBまたはNFS)ができる。これにより、ゲートウェイが性能のボトルネックにならずにすむとしている。

図1●FogStorage 分散ファイルサービスの概要(出所:ユニアデックス)図1●FogStorage 分散ファイルサービスの概要(出所:ユニアデックス)
拡大画像表示

 (2)特徴の1つは、ファイルをネットワーク内の別ノードに分割して保存できることである。可用性を高めるための「レプリケーション分散保存」と、セキュリティを高めるための「秘密分散保存」のいずれかを、共有フォルダー単位で設定できる。

 レプリケーション分散保存は、ファイルのコピーを複数ノードに重複して保存する使い方である。3ノードに分割保存する。1つのノードが故障してファイルを読めなくなっても、別の2つのノードに同一のファイルがあるので、ファイルを守ることができる。

 秘密分散保存は、ファイルを8つに分割し、それぞれを別のノードに保存する。個々のファイルには冗長性があり、分割した8つの欠片のうち4つが揃えば元のファイルを復元できる。この上で、ある欠片が漏えいしても元ファイルを復元できないため、セキュリティが保たれる。

 (3)特徴の1つは、ソフトウェアの利用権に加えて、運用サービスをセットで提供することである。例えば、サービスデスクが24時間365日体制で問い合わせに対応するほか、容量拡張の依頼に対してオンデマンドで瞬時に対応できるとしている。

 ベースとなるSDS(ストレージソフト)として、IzumoBASEの「IzumoFS」を使う。Linuxを搭載した汎用PCサーバーにIzumoFSをインストールしたものがストレージノードとなる。これを複数台つないでクラスタリングを構成して利用する。ユニアデックスは、IzumoFSの販売代理店の1社である。

関連記事

可用性とセキュリティを備えた分散ファイルストレージ、ユニアデックスが月額制で提供ユニアデックスは2018年5月21日、ファイルを分散保存することによって可用性やセキュリティを高められるファイルストレージを、オンプレミス環境や各種クラウドサービス上に構築して運用するサービス「FogStorage 分散ファイルサービス」を発表した。月額制で利用できる。

PAGE TOP