[新製品・サービス]

KDDI、ウェアラブルで作業員の熱中症などを防止するIoTサービスを開始

2018年5月22日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

KDDIは2018年5月22日、製造現場や建設現場で働く作業員の労働災害の防止を目的としたIoTクラウドサービス「KDDI IoTクラウド ~作業員みまもり~」を発表した。2018年6月中旬から提供する。作業員にウェアラブルデバイスを装着してもらい、熱中症などの危険状態を察知し、作業現場責任者などへ通知する。

 KDDI IoTクラウド ~作業員みまもり~は、労働災害を防止するためのサービスである。製造現場や建設現場で働く作業員にウェアラブルデバイスを装着して使う。温湿度などの周囲の環境を測定して熱中症などの危険状態を察知し、作業現場責任者などへ通知する。労働災害が発生した場合も、発見・対応までの時間が短縮できる。

図1●KDDI IoTクラウド ~作業員みまもり~の概要(出所:KDDI)図1●KDDI IoTクラウド ~作業員みまもり~の概要(出所:KDDI)
拡大画像表示

 作業現場のニーズに合わせて、2つのコースを用意した。

 (1)「+バイタルセンシング」は、作業員が装着するリストバンドによって周囲の温湿度や作業員の脈拍などを測定し、作業員ごとに熱中症の危険度を推定する。危険と判断した場合は、作業員本人や現場作業責任者、作業管理者にアラートを通知する。

 +バイタルセンシングの価格(税別、以下同)は以下の通り。初期費用は、1契約あたり62万5000円と、リストバンドのデバイスあたり2万900円がかかる。運用費は、ヘルプデスクサービス込みで、デバイスあたり月額6000円。

 (2)「+転倒検知」は、作業員が装着するベルトによって加速度などを測定する。作業員が作業中に転倒・転落した場合は、アラートを通知する。

 +バイタルセンシングの価格は以下の通り。初期費用は、1契約あたり12万5000円と、ベルトホルダーのデバイスあたり6950円がかかる。運用費は、ヘルプデスクサービス込みで、デバイスあたり月額4500円。

コース別の機能
コース +バイタルセンシング +転倒検知
端末 リストバンド ベルトホルダー
取得データ 温湿度
気圧
脈拍
加速度
温湿度
加速度
アラート機能 脈拍や周囲の温湿度環境から推定した、
個人ごとの熱中症危険度
転倒・転落検知
ジオフェンス
転倒・転落検知
熱中症危険度
位置情報 ○(GPS)
関連記事

KDDI、ウェアラブルで作業員の熱中症などを防止するIoTサービスを開始KDDIは2018年5月22日、製造現場や建設現場で働く作業員の労働災害の防止を目的としたIoTクラウドサービス「KDDI IoTクラウド ~作業員みまもり~」を発表した。2018年6月中旬から提供する。作業員にウェアラブルデバイスを装着してもらい、熱中症などの危険状態を察知し、作業現場責任者などへ通知する。

PAGE TOP